おすすめビッグベイト専用ロッドランキング(2oz,4oz,6oz別)

ここではビッグベイト専用のロッドをまとめています。

購入しやすく人気のビッグベイトロッドを、最大重量で「2oz」「4oz」「6oz以上」と3種類と、安くて購入しやすいロッドを口コミ評判が高いものだけピックアップして紹介していきます。

ビッグベイトロッドの選び方

まずビッグベイトを選ぶ時のポイントは大きく2つになります。

何オンスのビッグベイトを投げる?

「ビッグベイト」といってもサイズの幅が広くて、軽いものは2オンスから重たいものは10オンス近いものまであります。10オンス近くなると「ジャイアントベイト」と呼ばれたりしますが、境界線っていうのは曖昧な感じです。

そのビッグベイトの中で、どの重さをメインとして使うのか決めておく必要があります。

ざっくり分けるとジョイクロ178などの2オンス級、ブルシューター160などの4オンス級、スライドスイマー250などの6オンスオーバーとなります。

2オンスロッドで、スライドスイマー250を投げるのは無理で、逆に6オンスロッドでなら4オンスは普通に投げられて、2オンスはちょっと投げるの難しいって感じになります。

軽い方を選ぶとその重さしか投げられなくなるので、迷ったら1ランク上のロッドにしておくのがいいでしょう、硬いロッドの方がビッグベイトのアクションをさせやすく、ビッグベイト用の太いフックを貫通させられるのでおすすめです。

ロッドの長さ

ここで紹介するロッドの多くは1ピースロッドで全長が長くなってしまうので、車などに入るか長さを確認してから購入するようにしてください。

グリップ部分がジョイントになっているロッドなどあるので、「仕舞寸」というジョイントを外したらどれくらいのサイズになるのか、という長さも大切なポイントかなと思います。

もし、あまり長いロッドが積めない場合や、電車で釣り場まで行く場合には、2ピースのビッグベイトロッドを別記事で紹介しているのでそちらでチェックしてください。

【2ピース】おすすめビッグベイトロッド(2oz/4oz/6oz/安い)
おかっぱりの釣りや、電車、旅行、自転車アングラーの人におすすめの2ピース以下のビッグベイトロッドを紹介していきます。 1ピースでも大丈夫って方はこちらの記事がおすすめです まず最初に「2ピースビッグベイトロッドの選び方」...

2oz級ビッグベイトロッド

2oz級ビッグベイトロッドのジョイクロ178をメインとして考えるならこちらです。

ポイズンアドレナ174H-LM

  • 適合ルアーウエイト:10〜56g
  • ロッド重量:130g
  • 全長:2.24m
  • 仕舞寸:190.2cm

ポイズンアドレナの中で一番重たいルアーを投げられる174H-LMです。

ローモジュラス(低弾性カーボン)を採用されているので、バイトを弾きづらくしっかりとフッキングさせる事ができるので、ビッグベイトだけでなくスイムベイトやマグナムクランクにも最適なロッドとなります。

デッドソードKG-00 6-710EXH(ジョイクロ専用)

  • 適合ルアーウエイト:1〜3オンス
  • ロッド重量:約198g
  • 全長:7.1フィート
  • 仕舞寸:1ピース

ガンクラフトのジョイクロ178専用のロッドで、ティップで様々なタイミングでのアクションをつけやすく作られていて、キャストがしやすい良い長さとなっています。

バスを掛けてからはベリーからバッドのパワーによって魚を寄せてくる、というすべてジョイクロ178で釣る為に作られたロッドという感じです。ジョイクロ好きな人にはぜひこのロッドを選んでください。

ジョイクロ専用なんですが、他の釣りでも使いやすいという口コミが多かったです。

エクスプライド173XH

  • 適合ルアーウエイト:14〜56g
  • ロッド重量:132g
  • 全長:2.21m
  • 仕舞寸:188.3m

強さを持ちつつもビッグベイトのアクションをさせやすいロッドで、ジャークなどでリアクションを決めやすく、強さによってフッキング力も高められています。

長さがあるので遠投をしやすく、おかっぱりで飛距離を稼げてアドバンテージをだせます。

スイムベイト、フリッピングやパンチングなどにも使えます。

ゾディアス178XH

  • 適合ルアーウエイト:14〜56g
  • ロッド重量:155g
  • 全長:2.34m
  • 仕舞寸:199.8cm

遠くからビッグベイトの正確なキャストを決める為に作られたゾディアス178XHです。

2オンスビッグベイトを余裕でフルキャストでき、デカバスにも対応できる強さを持っています。

低価格で入門者におすすめしたいロッドです。

4oz級ビッグベイトロッド

ここのロッドは一番気持ちよく使えるのが4オンスクラスなんですが、2オンスも余裕で投げられて、6オンスクラスは少し使う分には問題ないかなという感じです。(ロッドによって代わってきます)

バンタム1711H-SB

  • 適合ルアーウエイト:14〜100g
  • ロッド重量:167g
  • 全長:2.41m
  • 仕舞寸:204cm

奥田学さんがビッグベイト、スイムベイト、マグナムスプーン、アラバマリグなどを使われているのがこのバンタム1711H-SBです。

強さを維持したまま軽量化に成功されていてビッグベイトを使い続けての疲労感を押さえ、キャスト精度が高く障害物ギリギリを通したりする事に向いています。

ショートバイト時にも弾く事なくロッドティップが追従してくれてフッキングへと繋げてくれます。

ポイズングロリアス174XH-SB

  • 適合ルアーウエイト:最大150g
  • ロッド重量:135g
  • 全長:2.24m
  • 仕舞寸:188.4cm

シマノ×JACKALLの中で最高級のポイズングロリアス、174XH-SBはモンスターバスを狙う為にビッグベイトとスイムベイト専用ロッドとして作られました。

最大重量が150gと記載されていますが軽いルアーで投げやすいのは50g前後という所で、2オンスクラスのビッグベイトもこれで投げられるという感じです。

特化されているので中級・上級者さんにおすすめです。

NEWワールドシャウラ1704R-2

  • 適合ルアーウエイト:15〜80g
  • ロッド重量:157g
  • 全長:2.13m
  • 仕舞寸:130cm

NEWワールドシャウラ1704R-2は、2ピースで130cmとコンパクトにできるので電車移動にも向いています。

表記は80gですがブルシューター160(約4オンス)のフルキャストも可能で、10gのクランクベイトまで投げられるとバーサタイル性が高いのが特徴です。

ビッグベイトを遠投して広範囲を探るという使い方に向いていて、バスが掛かってからはしっかりとロッドが曲がりバラさずキャッチできます。

実際ぼくが使ってるロッドです

NEWワールドシャウラ1704R-2のインプレッション

ヒュージカスタムH2N-64R

  • 適合ルアーウエイト:???
  • ロッド重量:約186g
  • 全長:6.4フィート
  • 仕舞寸:68cm

デプスのヒュージカスタムH2N-64Rは怪魚ロッドなんですが、ビッグベイトにも使えるロッドで、仕舞寸が68cmと旅行カバンに入るサイズです。

デプスロッドは重たく硬いイメージがありますが、このヒュージカスタムは約186gとそこまで重たくなくしなやかなモデルで、持ってみるとかなり軽いなという印象です。

適合ルアーウエイトは記載されていないんですが、スライドスイマー250(約6オンス)もキャスト可能で、ルアーなら投げられないものは無いという位の強靭さがあるようです。

100キロのピラルクーもこれで釣り上げられているので、しなやかな強さを持っているロッドです。

6oz以上対応ビッグベイトロッド

ポイズングロリアス176XXH-SB

  • 適合ルアーウエイト:最大300g
  • ロッド重量:147g
  • 全長:2.29m
  • 仕舞寸:192.7cm

ポイズンシリーズの中で一番重たいルアーが投げられるのが、ポイズングロリアス176XXH-SBで強さと軽さのバランスを高められたモデルです。

軽量化によって1日ビッグベイトを投げての疲労感が少なく、クイックなジャークがやりやすくなっています。

バンタム180XXH-SB

  • 適合ルアーウエイト:最大300g
  • ロッド重量:190g
  • 全長:2.44m
  • 仕舞寸:205.4cm

バンタムの中で最重量の180XXH-SBで、ビッグベイトの遠投とデカバスを獲る為に作られたロッドです。

最大300gですが、軽いのは100g前後までが気持ちよく投げられ、キャスト時にロッドがしなった後にオートマチックに復元(しなりが戻る)事によって投げやすく、正確なキャストを決める事が可能で、おかっぱりの時にはピンポイントキャストを決めやすなっています。

ダブルラッピングで頑丈に作られています。

サイドワインダードムドライバーSE

  • 適合ルアーウエイト:1/2オンス〜4オンス
  • ロッド重量:?
  • 全長:8フィート
  • 仕舞寸:グリップ着脱可(7.5フィートほど)

デプスのサイドワインダードムドライバーの中でも、ビッグベイト・ジャイアントベイトに特化させたスペシャルエディション(SE)です。

最大重量は4オンスと記載されているんですが、10オンスクラスまで全然余裕でキャストが可能です。

使いこなされている山田祐五さんいわく「スラスイ250(約5.8オンス)のアラバマもキャストできて、投げられる重さの限度は無いと思ってもらっていいくらい」との事でした。

グリップが長いので重たいジャイアントベイトなどのキャスト時に、グリップを持ちしっかりと飛距離を出す事が可能になっています。

ヒュージカスタムH3S-81RF

  • 適合ルアーウエイト:???
  • ロッド重量:約267g
  • 全長:8.1フィート
  • 仕舞寸:グリップ着脱可能(約7.5フィートほど)

デプスのヒュージカスタムの中でも最大のH3S-81RFです。

ヒュージカスタムはしなやかな強さを持っていて、ドムドライバーSEは硬いので、好みが分かれる所です。

ヒュージカスタムH3S-81RFは、10オンスクラスのビッグベイトを振り抜く為の圧倒的なパワーとトルクがあるので、キャストがしやすくなっています。

しなやかさがありつつもジャークのアクションを殺さないティップです。

モンストロ82アンドレ

  • 適合ルアーウエイト:200〜1000g
  • ロッド重量:292g
  • 全長:8.2フィート
  • 仕舞寸:183cm

ツララのモンストロ82アンドレです。

これは300gを超えるジャイアントベイトの為のロッドとして作られていて、軽いビッグベイトにはちょっと向かないんですが、300g以上のジャイアントベイトがかなり使いやすく作られています。

ただ硬いだけではなく、バスをかけたらしっかりと曲がってくれるロッドです。

NEWワールドシャウラ1785RS-2

  • 適合ルアーウエイト:15〜140g
  • ロッド重量:180g
  • 全長:2.34m
  • 仕舞寸:130cm

NEWワールドシャウラの中で最大重量の1785RS-2です。

最大重量は140gですが、スライドスイマー250(約160)までなら投げられるという感じでそれ以上となるとちょっと厳しいです。

シーバスやアカメなど強い引きの魚を釣る人が、ビッグベイトを使う時に愛用されているロッドの1つです。重たいルアーを投げるロッドというか、シーバスなど強い引きを制御するためのロッドという感じで使われているようでした。

安いビッグベイトロッド

ゾディアス178XH

  • 適合ルアーウエイト:14〜56g
  • ロッド重量:155g
  • 全長:2.34m
  • 仕舞寸:199.8cm

ゾディアスはただ安いだけではなく、ロッド自体の性能もかなり高く、しっかり投げやすく使いやすくてリーズナブルロッドと言う感じです。

ジョイクロ178クラスまで気持ちよく投げられます。

ホーネットスティンガープラス HSPC-744X-BB

  • 適合ルアーウエイト:最大4オンス
  • ロッド重量:188g
  • 全長:7.4フィート
  • 仕舞寸:59.6cm

アブガルシアのホーネットスティンガープラス HSPC-744X-BBは、安いビッグベイトロッド中で一番ルアー重量が高く、これ1本あればほとんどのビッグベイトが対応可能となります。

4ピースになっていて、仕舞寸が約60cmとなるのでリュックなどに入れて遠征をしたりする時のビッグベイトロッドに最適です。

まとめ

お気に入りのビッグベイトロッドは見つかりましたか、ビッグベイトという重たいルアーを投げるのでロッドの品質はなるべく高めのメーカーのものがおすすめです。

ぼくもビッグベイトにハマっているので、一緒にビッグベイトでデカバスゲットしていきましょう!