ヘビキャロロッドの選び方とおすすめランキング

ここではヘビキャロロッドの選び方と、おすすめランキングを作りました。

ヘビキャロロッドの選び方

ロッドは飛距離UPの為に必要なんですが、遠くでのアタリに気づき、フッキングを決められる必要性があります。そのあたりの選び方をまとめていきます。

硬さはH以上

ヘビキャロの重めのシンカーを飛ばす為と、ボトムやアタリ感知の為、そして遠くで当たった時にしっかりとフッキングする為に「H」以上のロッドが必要となります。

それより柔らかいと一応キャロはできなくは無いんですが、アタリに気づきづらく、岩などに掛かる時にロッドが入りそのまま根がかりしやすくなったり、ウイードをほぐすのが大変になってしまいますし、寄せずらいので途中障害物があるとラインブレイクの可能性が高まります。

逆にH以上で硬いとキャスト時に竿が曲がりづらいので投げづらかったり、12号を超えるシンカーを使ってロッドを曲げて重さで飛ばす感じになります。

投げやすさと使いやすさのバランス的にHの硬さがおすすめとなります。

長さは7フィート以上

ヘビキャロをするならロッドは長い方が飛距離を出す事が可能です、これは短いより長い方が遠心力がかかるので、その分飛距離が出るという仕組みです。

長さは7フィート(約213cm)以上はある方が良いです、それは飛距離を出す為という事もありますが、ヘビキャロはリグ自体が長くキャスト時にたらしがいるので、長い方が投げやすくなりますし、たらしを増やすとさらに飛距離が上がります。

1ピースロッドだと7フィートを超えてくると、車に詰めない、エレベーターに乗れない、電車で邪魔になる、ロッドホルダーが使えない、などの不便さが出てくるので、持ち手部分が外れるようになっていて、外したらどれだかの長さになるか「仕舞寸」でチェックしてみてください。

ヘビキャロ専用かバーサタイルか?

ヘビキャロ専用は1日ヘビキャロをやるような人には使いやすく、アタリが取りやすかったり、疲労感が軽減したりしてきます。

ヘビキャロ専用ロッドはあえて先重り感を出されている物も多く、他の釣りでの応用がしづらいのかなという印象です。使えない訳じゃないです。

バーサタイルなロッドは「ヘビキャロもできるよ!」という感じで、他の釣りでも使えるのでヘビキャロをしつつビッグベイトを投げたりする、といった使い方もできちゃいます。

おかっぱりで竿の本数が限られる人は、バーサタイルの方が良いんじゃないかなと思います。

おすすめヘビキャロ専用ロッド

【2ピース】ニューワールドシャウラ17114R-2(シマノ)

  • 全長:7フィート11インチ(2.41m)
  • 仕舞寸:130cm
  • 適合ルアー重量:15〜80g

ニューワールドシャウラはキャスト時にしっかり重さを乗せ飛ばす事ができるので、気持ちよく飛距離を出す事ができるロッドです。

全長もヘビキャロに向いているんですが、適合ルアー重量が幅広いので、巻物からビッグベイトまでかなりバーサタイルに使えるロッドとなっています。

そしてガチの2ピースなので、仕舞寸が130cmとコンパクトになるので、持ち運びもかなり楽になるのが特徴です。

高感度を感じれるので遠くでのアタリに気付けますし、掛けたあとは曲がってくれるので楽しく気持ちよくファイトできるロッドとなります。デカバスも寄せやすいです。

お財布的に余裕があるならこのロッドがおすすめです、シマノの良いロッドなので値段が高いのが唯一のデメリットかな。

【ロング】エクスプライド1911XHー2(シマノ)

  • 全長:9フィート11インチ(3.02m)
  • 仕舞寸:195cm
  • 適合ルアー重量:14〜84g

エクスプライド1911XHー2は約3mとかなり長いので、ロッドによる飛距離を稼ぎやすいのが特徴で、飛距離が必要なヘビキャロに向いています。

バットパワーが強いので、遠くでもしっかりフッキングを決めて寄せられます。

重量が182gと長い割には軽い方かなという感じです。

そしてエクスプライドシリーズは値段もそこまで高い訳じゃないので、購入しやすいのが嬉しいですね。

デメリットは一応2ピースなんですが、仕舞寸が195cmもあるのでまあまあ不便さを感じるかなという所ですね。

【安い】ゾディアス175H(シマノ)

  • 全長:7フィート5インチ(約2.28m)
  • 仕舞寸:192.8cm
  • 適合ルアー重量:12〜42g

ヘビキャロ入門者さんにはゾディアスが1万円ちょっとで購入できますし、バーサタイルに使えるのでおすすめです。

シマノの技術(ハイパワーX)が搭載されていて、キャスト時にロッドに重さを乗せやすく、デカバスが掛かっても安心してファイトが可能です。

持ち手が外れるんですが仕舞寸が結構長いので、この長さで問題が無いならおすすめです。

さらに長く強い178XHというモデルもあり、こちらは重たいシンカーを使う場合や、2oz程度のビッグベイトも投げられたり、カバー打ちもできるロッドとなります。

【ウェーディング】ソレノグリフGP(デプス)

  • 全長:7フィート6インチ(約2.31m)
  • 仕舞寸:(バット部分が少し縮む)
  • 適合ルアー重量:1/2〜1・3/4

琵琶湖(おそらく北湖)のウェーディングをされている人の意見を取り入れ作られたソレノグリフで、ウェーディングする時に使いやすい仕様になっています。

ウイードから外し移動させすぎない、遠くのアタリを感じやすい小径ガイドとガイドの数も12つと多めで、手元側がスパイラルガイドとなっています。

やり込んでいくと真価がわかっていくロッドなのかなと思われます。

入手が結構難しいと思われます。

【陸っぱり】BKHC-86XX(バレーヒル)

  • 全長:8フィート6インチ(約2.61m)
  • 仕舞寸:208cm
  • 適合ルアー重量:1/2〜2 1/1

ヘビキャロ使いのバスフィールドの店長さん(エビシャッド作った方)監修のロッドで、陸っぱりのヘビキャロ専用機として作られています。あとできるのはメタルバイブの遠投くらいです。

あえてスパイラルガイドを採用されてバラシの軽減と、先重りにする事によってステイ時のアタリを取りやすく、疲労感を軽減という作りになっています。

それなので最初手に取った時は先重りで「微妙」と思う人も多いようなんですが、それには色々な理由があって作られているという事に気づけてからは、アタリがあってからバスに違和感を与えず合わせまでスムーズにできます。

バーサタイル性が高く使いやすい「BKHC-82X」は10号までのヘビキャロだけじゃなく、巻物までオールラウンドに使える万能ロッドです。スパイラルガイドではありません。

あんまり取り扱い店舗が多くない印象でした。

ブレイゾン741XHB(ダイワ)

  • 全長:7フィート4インチ(2.24m)
  • 仕舞寸:193cm
  • 適合ルアー重量:1/2〜2oz

ダイワ派で入門者さんにおすすめなのがブレイゾンです。

ヘビキャロ以外にも、重ためルアーからビッグベイトまでヘビーバーサタイルなロッドとなります。

ロッドティップの破損防止ケースを使うのがおすすめ

ロッドが長いんで注意していたとしても、ぶつけたりしてしまう時があります、それなのでロッドティップカバーを付けておくだけでも、万が一の衝撃から守ってくれますし、ロッド同士がぶつかり傷つくのを守ってくれます。

プロックスのティップガードは、内部にグラス性シャフトが入っているので、曲がるのを防いでくれて、リーズナブルで購入しやすい価格です。

ロッドを何本か持ち歩くなら、使わないロッドにはメッシュカバーをかぶせておくと、傷やライントラブルが起こらず安心です。

まとめ

ヘビキャロ用ロッドというのそれにしか使えないように思えるんですが、実はヘビキャロ専用機というのは少なくて、バーサタイルに使えるロッドの方が多いのかなという印象でした。







ヘビキャロ
エナジー福田をフォローする
エナジー福田のバス釣りブログ