NEWワールドシャウラ1704R-2のインプレッション

先日購入した、シマノのNEWワールドシャウラ1704R-2のインプレッションです。

ぼくが求めていたのは、ビッグベイト(3oz)も投げられて、普通のルアー、ヘビキャロ、など色々バーサタイルに使えるロッドを探していて、その中で見つけたのがこのシャウラ1704R-2です。

かなりのバーサタイル性能を持つロッドで、初めてシャウラを買ったんですが使い勝手が良すぎて、巻物用でもう一本欲しくなってきている所ですw

NEWワールドシャウラ1704R-2の性能的なインプレッション

まずはシャウラ1704R-2の性能的な所のインプレッションです。

基本スペック

NEWワールドシャウラ1704R-2の基本スペックです。

  • 全長:2.13m
  • 自重:157g
  • グリップ長:278mm
  • テーパー:R(レギュラー)
  • 適合ルアーウエイト:15g〜80g
  • 適合ライン:16〜40lb。PEはMAX4号
  • 2ピースで130cmに仕舞える

ルアー重量が幅広くバーサタイルに使える

ワールドシャウラの一番の特徴は幅広いルアー重量なんです。触ってみると硬そうだなと思えるんですが、実際にキャストするとレギュラーテーパーでしっかりと竿が曲がり投げやすいので、15gと80gを1本で投げられるって感じです。

こういう竿って中々無いですし、おかっぱりとかのタックル1本で釣りをしたい人におすすめのロッドかなと思います。

自重157gは重たい?軽い?

カーボン素材も良いものを使用されていて、しっかりした強度を保ちつつ軽量化できるように作られていて、表面の樹脂コーティングを薄く、ガイドはチタンを使ってあり強く軽くなっています。

それまでポイズンアドレナ172MHを使っていて、ワールドシャウラ1704R-2に乗り換えてみると、10gくらい上がっただけで、部屋で持ってみると少し重たいかな?って感じでした。

実際に1日釣りで使ってみたんですが、タックルバランスも計算されているのか使っていても持ちやすく、疲れづらいような感じでした、自重の重さは全然気にならない問題ないという感じです。

感度が高くアタリがわかりやすい

ロッドティップの方が柔らかいのかなと感じていたんですが、実際ヘビキャロとかで使っていると遠くでのバイトも手元にコンッと伝わってくるくらいの感度の高さです。

高感度の理由はカーボンの感度も高いんですが、ワンアンドハーフと、カーボンモノコックといわれているリアグリップのおかげで、感度を増幅させてくれる為「コンッ」というアタリが増幅されて手元まで伝わりやすくなっていますし、ロッドエンドが軽くなるのでロッド操作がしやすくもなります。

掛けたらよく曲がって楽しいロッド

バスがヒットするとしっかり曲がってくれて、気持ちよさと楽しさがあるロッドという感じです。40cmくらいでもガッツリ曲がってくれるので、50UPかと間違う程でしたw

でこの曲がりのおかげでデカバスが潜る突進にもキレイに曲がって耐えてくれるので、楽しみつつも寄せてこれるロッドという感じです。

40位のバスをヘビキャロで釣っているので参考までに!

ウエーディングヘビキャロでぷち爆釣しちゃいました。スイングインパクトとエビシャット!

仕舞寸130cmで持ち運びしやすい

ワールドシャウラは、ワンアンドハーフで作られてて簡単に言うと2ピースで、130cmとコンパクトになります。

かなり持ち運びしやすくて、自転車や電車でも持ち運びしやすいです。

元のロッドケースはちょっとデカイくて持ち運びには不便なので、このニット竿カバーがシャウラ用に作られたの?と思うくらい最適サイズでおすすめです。

少し大きめの逆付けガイド

最初違和感があったんですが、ガイドが逆付けされていています。これのおかげでビッグベイトを投げたり、デカバスとのファイト時にテンションが掛かっても耐えられるとか、でもここは正直あんまわかりませんでした。

ガイドは他と比べると少し大きめになっているので、飛距離UPが狙いやすいかなと思います。

ワールドシャウラ1704R-2のキャストインプレッション

グリップがスムーズに投げるのをサポート

キャスト時ロッドが後ろから前に行く動作の時に、グリップのおかげでロッドがスムーズに流れるように前へ移動するので、フルキャストが気持ちよくできます。

言葉で説明するの難しいんですが「竿をしっかり振りやすい」という感じです、村田基さんが色々テストされてこだわったという部分でもあり、キャストのしやすさはバッチリです。

カスタムとして、グリップエンドを回して取り外し、夢屋の樹脂グリップと変更できるので、グリップ力UPや、手のサイズに合わせて変更可能です。(この部分まあまあ滑るので気になってます)

軽くても10gのルアーくらいまで投げられる

最低ルアー重量は15gと記載されています。

フロロ16ポンドで、軽いルアーは3/8くらいまでかなと思います、それくらいが気持ちよく投げられる最低ラインかなという感じでした。

それ以上軽くなってしまうとちょっと飛距離が物足りない感じです。

太いラインで、例えばジョイクロ(2oz)とかメインで使っていて、たまにクランクベイトを投げたい!って時などには全然問題なく使えていました。

実際使ってギリギリかなと思ったのが、イヴォーク1.2(約10g)でした、これ以上軽くなるとぼくは飛距離的に満足できないかなという感じです。

この軽さの時はキャスト時にシャープに振ってロッドを曲げてしならせてあげる必要があります、ロッドに重さを乗せやすくて投げやすいのはやっぱり15g以上って感じですね。

ビッグベイトは100gくらいまでが気持ちいい

最大ルアー重量は80gとなっています、村田基さんのYouTubeライブで「シャウラ1704Rは最大何グラムまで投げられますか?」と質問したら、「最大重量の2倍くらいまでは投げられるよ」と言われていました。80gの倍なんで160gまでって感じですね。

一応これはシマノ公式の発表じゃないので、何かあっても自己責任となっちゃうんですが、一応気になったのでスライドスイマー250(約170g)をキャストしてみたら、投げられはするんですが、しなりすぎてしまって10mちょいが限度かなという感じで、実践で使うのは厳しいかなと思いました。ボートで岸際を狙うなら使えるかなという感じですね。

ニューワールドシャウラ1704Rで何グラムまでのルアーを投げられるか、2倍重量のスライドスイマー250で最大重量を確かめてみた

で実際に色々とビッグベイトを投げてみました、それぞれのルアー重量はこんな感じです。

  • ジョイクロ175 約56g
  • スライドスイマー175(F) 約73g
  • ブルシューター160(F) 約100g
  • スライドスイマー250 約170g
NEWワールドシャウラ1704R-2のインプレッションとアンタレスDCMD使用でビッグベイト試し投げ

チビタレルが約43g、ジョイクロ175が約56gなんですが、両方全然余裕でフルキャストで投げられますし、竿に重さ乗せやすいので気持ちいいです。

スライドスイマー(魚型)と、ブルシューター(ギル型)の100g前後のビッグベイトになると、最初キャスト時にかなりロッドが曲がるので「大丈夫かな?」と不安になっちゃうかもしれないんですが、慣れてくるとロッドの反発を活かしフルキャストが可能になります。

キャスト後はどちらもジョイントルアーなので、「くの字」に曲がって回転してしまったりして、失速してしまうこともありました。(DCブレーキで回転を抑える事は可能)

NZクローラーという羽根物が約100gで、これで投げる練習をしている時に気づいたのですが、ロッドに重さをちゃんと乗せられるようになると飛距離が10mくらい伸びるようになりました。

これはキャスト時に、ルアーが後ろに下がっていき、ロッドに重さが乗ったのを感じてから、ロッドを前に持っていきキャストする、という感じです。言葉で説明するのが難しいんですが後ろで重さを乗せるのを意識してキャスト練習してもらえるとわかりやすいかなと思います。

あとは7フィートという長さなので、手前などの障害物ギリギリにキャストしやすく、慣れてくると着水音も押さえてキャストしたりもできるので、そういう意味で釣果UPもできそうだなと思っています。

リップ付きビッグベイトでバイトがあると、シャウラがいい感じに曲がってフッキングしてくれるはずです。

ビッグベイトで釣れたデカバスもちょっと下手なファイトしてもバラしづらい感じした。(いい所にフッキングしているというのもありますが)

スライドスイマー175改で初バス&誕生日フィッシュ!琵琶湖南湖の台風後の濁りが入ったタイミングで。

 

ベビキャロもしっかり飛ぶ

ヘビキャロはロッドにシンカーの重さを乗せやすいのでめちゃくちゃ投げやすいです。

シンカーの重さは11/2oz(10号)で、アンタレスDCMDにフロロ16ポンドで約60mという感じです。(上手い人ならもう少し伸ばせそう)

60m飛べば多くの場所でブレイクなどには届きますし、満足のいく釣果を得られると思います。琵琶湖でも全然ブレイク届いて活躍してくれます。

そして、60mほど飛ばして着水後すぐに釣れたとしても、ロッドが曲がりしっかりバラさすに、しっかりとフッキングしてくれるので、ぼくはヘビキャロで多様しています。

アンタレスDCMD+NEWワールドシャウラ1704Rでヘビキャロの飛距離テスト

ヘビキャロ専用にするなら17114Rの方が良いかなと思うんですが、ヘビキャロ「も」するおかっぱりの方で、障害物を狙ったりキャスト精度も欲しい方は1704Rでバーサタイルに使うのが良いかなという感じですね。

リールはアンタレスDCMDとの相性抜群

シャウラ1704RにはアンタレスDCMDとの相性が抜群に良いです。

シャウラ自体が重たいルアーに対応しているので、ビッグベイトなどメインで使おうかと思われている人にはアンタレスDCMDも重たいルアーに向いているので、ロッドとリールどちらも重たいルアー用に合わせるのが相性的には良いと思います。

DCブレーキによってS字系ビッグベイトが回転せずに投げやすくて飛距離が伸ばせますし、強めの逆風時にはバックラッシュせずにキャストができます。

アンタレスDCMDはビッグベイト用かと勘違いされている方が多いんですが、軽めのルアーからビッグベイトまで幅広く使えるちょい重めバーサタイルリールだなと思います。

18アンタレスDCMDのインプレッションと飛距離テストなど
シマノの18アンタレスDCMDを購入しましたので、使ってみてのインプレッションを書きたいと思います。 約20年振りにベイト買いました笑 初期アンタレス(1998年) ↓ アンタレスDCMD(2018年) 20年分のリールの進化をモロ...

スコーピオンMGLと赤色を合わせるのもアリ

最近はスコーピオンMGLと合わせて使っていたんですが、ヘビキャロでも飛距離でますし、普通のルアーも投げやすかったです、ビッグベイトも遠投はちょっと回転するんで大変ですが、全然普通に使える感じでした。

スコーピオンMGLが使えるので、おそらく好きなリール乗せてもらって良いと思います。

赤で合わせたい方はスコーピオンMGLがおすすめですw

他のNEWワールドシャウラと比較

ギリギリまで迷ったシャウラとの比較です。

17114R-2 DCシステマチックスペシャル

一番迷ったのがこれです。

硬さは同じ4番で、ロッド情報だけを見ると17114R-2は全長(2.41m)で、これはグリップが約30cm長くなっていて約10g重たいです。

ただグリップが長くだっただけかな?と思ったのですが、多分表面的なスペックだけじゃなく、カーボンの使い方など細かい差があると思います。

17114R-2は「DCブレーキと相性がよい遠投スペシャルチューン」シャウラで、琵琶湖でヘビキャロやバイブレーションの遠投専門ロッドにするなら、17114R-2の方がいいかなと思いました。

が、ビッグベイトをロッドでアクションしたり、オカッパリでやぶこぎしたり、正確なキャストをしたりする場所なら、ちょっと長さが邪魔になるかなと思い、ぼくは1704R-2を選びました。

1704R-2で実際ビッグベイトとヘビキャロの遠投をやってみると、満足いく飛距離が出てますし、ビッグベイトのアクションをしやすく、1日使い倒しても疲れないので1704R-2でよかったなと思っています。

多分17114R−2だと長いので飛距離は出るかもしれないけど、キャストの正確性がちょっと落ちてしまうので、これはよくいく釣り場でどっちにするか決めてもらえるといいかなと思います。

1785RS−2 アンリミテッドオブワールドシャウラ

1785R−2はモンスター対応ロッドで、RS(レギュラースローテーパー)なので、掛けてから曲がってくれるロッドかなと思います。

全長2.34mと自重180gとまあまあ重めで、ルアーマックス重量は140gで、スライドスイマー250など6.2oz(約170g)などガチで重めのビッグベイトを考えている人向けかなと思ったので、やめました。

1704R-2でも100gは軽く投げられるので、そこまでのヘビーさは不要かなと思いました。

1703R-2 パワーバーサタイルスペシャル

1703R-2は最大重量が40gまでなので、使うビッグベイトがジョイクロ178(2oz)までならこっちで良いかなと思います。

対応ルアー重量が10g〜40gなので、巻物からジョイクロまでのバーサタイルロッドとなって、おかっぱりにロッド1本で回る時には良さそうでした。

ぼくが投げたい3ozはガチで投げられないので無理だと思ってやめました。

1704R-2 パワーファイティングスペシャル

ビッグベイトからカバー攻略まで対応 ランカークラスを力でねじ伏せる

遠投で広範囲をサーチするビッグベイトはもちろん、ヘビーテキサスリグなどのカバーストラクチャーを果敢に攻め、ランカークラスをねじ伏せるストロングスタイルを想定した、パワーファイトの醍醐味を表現する一本。

1704R-2の商品説明がこちらです。

ぼくの釣りスタイルで使いたいバーサタイル性を持つロッドはやっぱりコレだなと思って購入を決意できました。

NEWワールドシャウラ1704R-2の不満

NEWワールドシャウラ1704R-2を使っていく中で出てきた不満です。

グリップはほとんどコルクになっているんですが、リールシートの下がカーボンモノコックでむき出しっぽい感じになっています。

一応滑り止め加工はされているんですが、夏場に手汗をかいている時はちょっと滑ってしまいます。(かなりの汗っかきでびちゃびちゃなります)

ファイト中に左手でロッドを持ち、右手でリールハンドルを持つんですが、50前後のバスだとちょっとズレが気になってしまい、持ち直しする事がありました。

真夏だけの問題なんですが、真夏って結構釣りに行くと思うのでまた何か対策ができたら追記したいなと思います。

この手汗止めるクリームでサラサラになるので、滑りが気にならなくなりました。

口コミ✋夏の男の手汗にテサランを使って制汗効果を確かめた😅
ぼくはかなり手汗をかくので、自転車に乗っている時は手汗でハンドルが滑るので定期的に拭かないといけないし、釣り中はロッドが滑るので大きい魚が来た時に大丈夫か?と不安があります。 室内だとキーボードとマウスが手汗でベタつくので、ウエットテ...

NEWワールドシャウラ1704R-2を安く買う方法

NEWワールドシャウラってシマノでも良い竿なので値段が高いです。

ちょっとでも安く買う為に色々調べてみたんですが、平均で5.5万円ほどで購入できそうです。

リールだったら実際に手にとってリーリング感を試したいなと思うんですが、ロッドならネットでの購入で問題ないかなと思います。万が一なにかあればちゃんと対応してくれますし。

釣具屋さんもセールとポイントバックが重なればまあまあ安いんですが、重なる日ってそう多くは無いですよね。

通販サイトなら店舗を構えていない分NEWワールドシャウラが安く販売されています。

Amazonは常に安くなっている感じで、楽天市場はポイントバックでお得になるという感じです。

  • 1704R−2の定価:73500円
  • Amazon:55566円+送料780円=56326円
  • 楽天市場:55566円+送料780円=56326円+ポイントバック

この記事を書いている時はAmazonと楽天市場の価格は同じでした。が、楽天市場ではここに10%〜15%ほどのポイントバックが追加されるので、5550〜8325pほどが付与されるので。

15%の楽天セールに合わせると、NEWワールドシャウラ1704R-2が実質48001円ほどで購入できます。たぶんこれが最安値です。

注文から到着まで数日なので意外と早く手元に届くのも嬉しいですよね。

※価格の変動などあるので実際にAmazonと楽天市場をチェックしてから購入するようにしてください。

まとめ

1704R-2を使えるようになってよかったです、思った以上にバーサタイル性能が高くて、色々な使い方ができるオカッパリでロッド1本で回りたい人にピッタリなロッドでした。