【2ピース】おすすめビッグベイトロッド(2oz/4oz/6oz/安い)

おかっぱりの釣りや、電車、旅行、自転車アングラーの人におすすめの2ピース以下のビッグベイトロッドを紹介していきます。

1ピースでも大丈夫って方はこちらの記事がおすすめです

おすすめビッグベイト専用ロッドランキング(2oz,4oz,6oz別)
ここではビッグベイト専用のロッドをまとめています。 購入しやすく人気のビッグベイトロッドを、最大重量で「2oz」「4oz」「6oz以上」と3種類と、安くて購入しやすいロッドを口コミ評判が高いものだけピックアップして紹介していきます。 ...

まず最初に「2ピースビッグベイトロッドの選び方」の説明と、その次に「2オンスまで」「4オンスまで」「6オンス以上」とルアー重量によって分けていきます。

2ピースビッグベイトロッドの選び方

投げられるビッグベイトの重量

ビッグベイトといっても色々あるので、自分が投げたい最大サイズを知っておくといいでしょう。

最大2ozのロッドで3oz投げられる場合もあるけど、キャストが上手くなかったり、低価格ロッドだと破損の可能性が高いので注意です。(気持ちよく投げられるのと、投げられなくは無いは別物です。)

2ピースロッドでは3〜4oz級が最高で、それ以上となるとかなりロッドが絞られてしまうという感じになります。

  • チビタレル:43.5g(約1.5oz)
  • ジョイクロ175:2oz(約56g)
  • スライドスイマー175(フローティング):2.6oz(約73g)
  • ブルーシューター160(フローティング):3.5oz(約100g)
  • スライドスイマー250:6.2oz(約170g)

仕舞寸(折りたたみ時の長さ)

折りたたんだ時の長さは、ロッド詳細の所にも「2ピース」と書かれていてもハンドルしか外れない商品もあるので、ここで書いている以外の2ピースを探す時は、ちゃんと「仕舞寸」までチェックしましょう。

仕舞寸というのは、折りたたんだ時に何センチになるのか、という情報です。

使い勝手の良さ(バーサタイル性)

陸っぱりはロッドの本数が限られますよね。

短めだと野池などの陸っぱりでの使い勝手がよくなったり、柔らか目のロッドなら軽めのルアーも投げやすくなって、ロッド1本で幅広くバーサタイルに使えるロッドとなります。

この時には、あなたが「ビッグベイト」と「軽いルアー」とのどっちをメインで使いたいのか、サブのロッドがあるならビッグベイトメインで選ぶといいかなと思います。

その他のポイント

【修理対応の速さ】

ビッグベイトを投げるんで、修理する事もあるでしょう。そんな時にすぐ対応してくれる大きめのメーカーの方が安心かなと思います。

【釣りの楽しさ】

できればロッドは柔らかい方が、魚を掛けてからバラしづらさもありますが、楽しさがああります。ここは好みかなと思います。

2ozまでのビッグベイトロッド

2oz級ビッグベイトを投げるなら色々なメーカーから出ていますが品質と低価格で購入する事を考えればシマノ製が安心で、キャスト時の不安も無いでしょう。

2オンスまでなら比較的多くのロッドで対応できます。

ゾディアス172H-2(シマノ)

  • 対応ルアー重量:14〜42g
  • 仕舞寸:112.2cm(2ピース)
  • 全長:7.2フィート
  • アクション:ファーストテーパー

安心品質のシマノの低価格ロッド「ゾディアス」の2ピースの中で、一番重いルアーを投げられるのは「172H-2」です。

最大重量が42gとそこまで高く無いのですが、ジョイクロなどのビッグベイトまでなら十分使えますし、軽いルアーも対応できるのでおすすめです。

ポイズンアドレナ172H-2(シマノ×ジャッカル)

  • 対応ルアー重量:14〜42g
  • 仕舞寸:111.5cm(2ピース)
  • 全長:7.2フィート
  • アクション:ファーストテーパー

ゾディアスの上位モデルという立ち位置のポイズンアドレナで、対応重量やテーバーなどは同じで、価格はちょっと上がります。

見た目がオシャレになっているという事と、アドレナは感度が高いのでリップ付きビッグベイトを使っている時のボトムへの接触などがわかりやすいかなという感じですが、ビッグベイトだとそこまで関係が無いかもですね。

ロッド自体が軽いので、ロッドを立ててジョイクロのジャークをやったりしやすいものです。

ライトキャバルリーCLCC-71H(エバーグリーン)

  • 対応ルアー重量:3/8〜2oz
  • 仕舞寸:110cm(2ピース)
  • 全長:2.16m
  • アクション:ヘビー

エバーグリーン派の型はライトキャバルリーがおすすめです。

ヘビーアクションになっていて比較的固めなので、S字系ビッグベイトのジャークがやりやすいかなという感じですね。

オロチXXXX F7-70K 2P(メガバス)

  • 対応ルアー重量:3/8〜2oz
  • 仕舞寸:110cm(2ピース)
  • アクション:レギュラー

メガバスのオロチXXXXは、見た目がかっこいいので所有感高められそで良いですね。

4ozまでのビッグベイトロッド(2ピース)

ここのロッドは4oz級ビッグベイトまでキャストできるのはもちろん、2oz級ビッグベイトも余裕で対応が可能です。どちらも気持ちよく使えるので4オンス級も2オンス級もどちらも投げる人はここのロッドを選ぶのがおすすめです。

予算的に問題が無ければこちらを購入するのが後々買い替えなくて済んで良いかなと思います。

NEWワールドシャウラ1704R-2(シマノ)

  • 対応ルアー重量:15〜80g
  • 仕舞寸:130cm(2ピース)
  • 全長:2.13m
  • アクション:レギュラーテーパー

シマノの一番高いバスロッド「ワールドシャウラ」は、レギュラーテーパーでビッグベイトの重みを乗せつつキャストするタイプのロッドです。

他のビッグベイトロッドの中でカチカチじゃなく柔らかめなので、好みがわかれることになりそうですが、最低重量が15gなのでバーサタイルで陸っぱりでは使いやすいでしょう。

村田基さんのように海や海外でも使う予定があるなら、この1704R-2が万能で良いかなという感じですね。(村田基さんのYouTube情報では、倍の重量までは投げられるとの事)

結構使い勝手がよくイヴォーク1.2(10g)も投げられるので、バーサタイル性が高すぎるロッドで買って満足しています。

NEWワールドシャウラ1704R-2のインプレッション

ヒュージカスタムH2N-64R(デプス)

  • 対応ルアー重量:未記入
  • 仕舞寸:68cm(3ピース)
  • 全長:6.4フィート
  • アクション:XXヘビーレギュラーテーパー

デプスのロッドは「物干し竿」と言われる程硬いんですが、このヒュージカスタム64はしなやかさを持つロッドです。

デプスのロッドは重たいイメージがありますが、実際に持ってみるとヒュージカスタムは軽くて1日使ってもロッドの重さによる疲労は少ない感じがしました。

対応ルアー重量が未記入なのは「常識の範囲中の重さならすべて投げられる」からだとか、サイレントキラー250(5.8オンス)もキャスト可能との事です。

怪魚を狙う為のロッドシリーズの「ヒュージカスタム」で、100キロ級のピラルクーも仕留められたトルクを持ちます、バスに使うにはオーバースペックですが、しっかりと寄せてくれる力を持っています。

ビッグベイトのキャスト、ロクマルとのファイトに不安を持ちたくないならこれかなという印象。

いい値段はするんですが、幅広く使える万能さもも強いロッドです。

品質はキムケンさんをはじめとする、デプスのバスプロさんが、発売後3年経った今でもメインロッドの1つとして使われている程で、安心して使えるでしょう。

50UPのごぼう抜きでロッドがほぼ曲がっていなかったので、ファイトを楽しめるかなと不安を感じました。

ホーネットスティンガープラス HSPC-744X-BB(アブガルシア)

  • 対応ルアー重量:マックス4オンス
  • 仕舞寸:59.6cm(4ピース)
  • 全長:7.4フィート
  • アクション:レギュラーファースト

リーズナブルの価格設定と、ナノカーボン素材(軽く、強く、折れにくく、感度良い)を使用されています。

ビッグベイトの遠投を考えてあり、7.4ftという長さ、オールダブルガイド、という欲しい性能を満たしてあります。

低価格での販売となるので、ナノカーボンラッピングがバットだけという釣りに必要最低限なものを残して、あとはカットして価格を押さえてあるという感じです。

6oz〜10ozのビッグ(ジャイアント)ベイトロッド

ルアー重量が6オンスを越えて10オンス級になると、ビッグベイトというよりジャイアントベイトという感じですね。

ここのロッドは4オンス級までは使えるんですが、2オンス級はちょっと硬くて投げづらくなってしまいます。

NEWワールドシャウラ1785RS-2(シマノ)

  • 対応ルアー重量:15〜140g
  • 仕舞寸:130cm
  • 全長:2.34m(約7.5フィート)
  • アクション:レギュラーファースト

NEWワールドシャウラの中で一番重たいルアーを投げられる「1785RS-2」は最大重量が140gとジャイアンベイトを使うならいいですね。

レギュラーファーストとなっているので、軽いルアーも投げやすくなっているのでこの1本で普通サイズのルアーまで幅広く対応できるようになっています。

2ピースで最大はこのロッドという感じです。

シーバスやアカメを狙う人に愛用者が多いイメージです。

安い!2万円以下のビッグベイトロッド

ゾディアス172H-2(シマノ)

  • 対応ルアー重量:14〜42g
  • 仕舞寸:112.2cm(2ピース)
  • 全長:7.2フィート
  • アクション:ファーストテーパー

価格は販売時の割引やセールを含めると余裕で2万円切るロッドです。

シマノロッドの品質と技術によって、低価格なのに高品質という事が実現出来ているモデルで、迷ったらゾディアス172H−2でOKかなと思います。

装飾など余分な所にはあまりお金をかけてないのですが、十分な性能があれば良いという人におすすめの1本です。

ヒューガ72-2H(メガバス)

  • 対応ルアー重量:1/2〜3oz
  • 仕舞寸:113cm(2ピース)
  • 全長:7.2フィート
  • アクション:ヘビー

メガバスのヒューガは低価格なのに3オンスまで投げられるロッドで、バーサタイルに活躍してくれる事間違いなしという感じですね。

BPC-702X(メジャークラフト)

  • 対応ルアー重量:3/8〜2oz
  • 仕舞寸:110cm(2ピース)
  • 全長:7.2フィート
  • アクション:レギュラーテーパー

1万円を切るという激安なロッドで、ジョイクロまでならこのロッドでビッグベイトを試すのにピッタリですね。

おかっぱりでビッグベイトも投げたいし、3/8オンス(10g)以上のルアーをロッド1つでやるならこのロッドはかなりぴったりです。

まとめ

ぼくが購入するのはNEWワールドシャウラ1704R-2に決めました。

ギリギリまでデプスのヒュージカスタムと迷っていました。

使えるルアー幅の広さと、トラブル時の対応の速さでワールドシャウラを選びました。

NEWワールドシャウラ1704R-2のインプレッション