18ポイズンアドレナ276M-2のインプレッション!パワースピンにおすすめ!

パワースピニング用のロッドを探している中に、シマノ×ジャッカルのNEWポイズンアドレナ276M-2を見つけました。

NEWポイズンアドレナは、リニューアルを繰り返されていてて、感度が高いのが特徴でパワースピンで遠投した時の遠くでのアタリもしっかり取れますし、近くならショートバイトに気づきキャッチへと持ち込めるスピニングロッドかなと思っています。

そんなポイズンアドレナ276M-2のスペックやインプレッションなどをまとめていきます。

ポイズンアドレナ276M-2のスペック

ポイズンアドレナ276M-2はセンターカット2ピースモデルのみで、1ピースモデルは販売されていません。

ポイズンアドレナ276M-2のスペックはこんな感じです。

  • 全長:2.29m(仕舞寸法117.7cm)
  • 自重:102g
  • 適合ルアーウエイト:5〜16g
  • 適合ナイロン・フロロ:5〜10lb
  • 適合PE:1.5号
  • テーパー:レギュラーファースト

M表記なのでスピニングにしたら固めで、ベイトフィネス位かなという感じですね、まあパワースピンなので、それくらいの硬さなんですがね。

アドレナ276M-2を選んだ理由

ポイズンアドレナの中では、このモデルしかパワースピンに使えるものが無かったんですよね。

バンタム274Mが良さそうだったんですが、1ピースで持ち運びがしずらいので、2ピースのポイズンアドレナ276M-2を選んだという感じです。

パワースピンで探していた時の情報はこちらにまとめているので、比較したいかたはチェックしてみてください。

パワースピン用おすすめのスピニングロッドを探してみた
パワースピニング、通称パワースピンをやってみたいなと思い、パワースピンがやりやすいロッドを探してみました。 ベイトフィネスではできない、飛距離を出して、パワーを持つスピニングロッドはどれなのか調べて、比較し実際に購入するまでの流れで書...

ポイズンアドレナ276M-2の外観とのインプレッション

実際にポイズンアドレナ276M-2が届いての印象についてです。

見た目の印象

以前のアドレナは赤いロゴで好みがわかれる感じだったんですが、18アドレナからはロゴがシルバーになって、万人受けするような感じのカラーになっています。

全体的にシンプルで余計なものは無いという感じですね。

手に持っての印象

実際に手に持ってみてわかるのはロッド自体の軽さですね、ロッド自体長いんだけど長さをそこまで感じないですね。

ポイズンアドレナ276M-2のキャストインプレッション

実際にキャストしてみてのインプレッションです。

タックルデータ

その時に使ったリールはナスキーC2000Sにフロロ4ポンドを使いました。

ラインキャパ的には4ポンドでは丁度いいんですが、パワースピンとしてはちょっと細めかなという感じです。

あと、キャスト時に気づくんですが、アドレナ276M-2には3000番台のリールの方がしっくり来る感じがしました。ある程度手元に重さが合った方が投げやすそう。

高感度(フルカーボンモノコックグリップ)

ポイズンアドレナ全シリーズなんですが「フルカーボンモノコックグリップ」が採用されています、これはアタリの振動を増幅させる為のグリップで、NEWワールドシャウラにも使われている構造と似てます。(シャウラは「カーボンモノコックグリップ」)

ロッド自体は長いんですが、その長さを感じさせない重量で軽く握ってロッドアクションができるので、強く握ってるより軽く握っている方が感度が良く、

「感度増幅グリップ」と「ロッドの軽さ」の2つの面でショートバイトも感じやすく、ダウンショットやスモラバを使って底を釣ってみたんですが、地形がわかるのはもちろんなんですが、石へのコンタクトもわかるようになり根掛かり回避も可能でした。

初日は使っててニヤニヤしちゃうほど、感度の高さを感じて楽しめました。

キャストフィーリングと気持ちよく投げられる重さ

硬いんじゃないかなと思っていたんですが、意外と軽めのルアーも投げられました。

3gのスモラバにトレーラーを付けていたので、だいたい5gくらいの軽いルアーの場合はシャープに振り抜く必要があるんですが、軽くてもロッドの長さが生かされて飛距離が出やすかったです。

7gくらいから簡単にロッドにルアーの重さを乗せられるので、気持ちよくぶっ飛びました。

約11gのマグナムスワンプクローラーのネコリグは十分な飛距離が出ていました。

気持ちよく投げられる重さは7〜15gといった所でしょう、あとは使用ラインの太さなので多少変わってくると思います。

ルアーの操作性

3gスモラバにトレーラーを付けて使用していました。

中層スイミングは余裕で可能なんですが、ボトムの釣りで岩を舐めるように乗り越えて来るような使い方ができました、これもロッドが硬いので「岩にコンタクトした」のがわかり、そこからゆっくり岩を越えさせて落とす事が可能でした。

ネコリグのシェイク巻き時には、ロッド先でトントンとラインを叩くような使い方になりました、シェイクではそこまで竿先が曲がる訳じゃないので、柔らかいロッドよりはシェイク幅を狭めに調整する必要があるかなという感じでした。

使ってるうちにシェイク幅が身体に馴染んでくるので、一度覚えたらあとは勝手に良いシェイクができましたね。

18ポイズンアドレナ276M-2の安く購入する方法

18ポイズンアドレナ276M-2をちょっとでも安く購入する為には、ネットショップを利用するのがおすすめです。

実際に手にとってロッドを選びたい人は別なんですが、実際ぼくはネットショップの利用がほとんどで、かなりの金額の節約ができています。(その分ルアー買っちゃうんですがw)

実際釣具屋さんの正月セールなど大安売りセールが開催されている場合、そちらの方が安くなると思うので、下記金額と釣具屋さんとの価格を比べてみて、安い方を購入するといいかなと思います。

この価格はこの記事を書いている段階での価格なので、実際に価格をチェックしてから購入するようにしてください。

  • 本体価格:40500円
  • Amazon価格:30618円+送料780円=31398円
  • 楽天市場価格:35500円(送料無料)+楽天ポイント付与
  • ヤフーショッピング価格:37616円

Amazonでの購入が一番安く購入できそうですが、楽天市場はポイント付与が大きくて、楽天スーパーセールが一番オトクで10〜15%のポイント付与があります、金額でいうと3550円〜5325円となります。

それも含めると楽天市場での購入は実質30175円となり、楽天セール開催中は楽天で、それ以外の日ならAmazonで買うのが良いかなという結果になりました。

まとめ

想像以上に感度が良くてアドレナ276M-2は使ってて楽しいロッドだなと思いました。

今後もしっかりパワースピンで使い込んでいって、色々な情報を追記していけたらいいなと思います。