【PR】20ゾディアス264UL-S/2のインプレッション

20ゾディアス264UL-S/2のインプレッションをまとめていきます。

20ゾディアス264UL-S/2のスペック

まず基本的なロッドのスペックです。

  • ルアー重量:1.5g〜5g
  • 適合ライン:2〜5lb
  • 自重:90g
  • FF(エキストラファーストテーパー)
  • タフテック αソリッドティップ採用
  • カーボンモノコック採用

このモデルを選んだ理由

この264UL-S/2を選んだ理由は、軽いダウンショットや、ミドスト(ホバスト)、ジジル70などのI字系ルアーを使うのに良さそうという事で選びました。

ただのULではなく「S」がついているのは、「ソリッドティップ」が採用されているモデルで、ソリッドティップは中の芯までカーボンが詰まっているロッド部分の事で、先端から3つ目のガイドまでがソリッドになっているようです。

ソリッドティップの良さは曲がりやすいので、食い込みが良いのが特徴なんですよね、曲がりやすいのでそのままバスに違和感を感じさせずにフックを刺せるという感じです。

ソリッドティップの中でも「タフテックα」【経を落とさす強度を保ちながら、しなやかで繊細な曲がりを実現したソリッドティップ】というシマノの技術が入っていてかなりしなやかにそこまで曲がる?というくらい曲がってくれます。

上記画像はタフテックαより引用しているんですが、さすがにここまで曲げてみる勇気はありませんでしたw

あと曲がりやすいという事でロッドを降るとソリッドティップ部分のみがシェイクされるので、ダウンショットやミドストのシェイクアクションがやりやすくなります。

そして、20ゾディアス開発に携わったバスプロの佐々さんがこの264UL-S/2を使って多くのバスを釣られているので、それだけ必要となる時があるロッドと言えるでしょう。

実際に手に持っての印象

カーボンモノコック採用になってかなりの軽量化となり、自重が前モデルよりも約10%軽量化されたおかげで、264UL-S/2の自重が90gとコンビニおにぎり(130g)より軽くなってます。

ロッドが軽いという事はそっと持つ事ができるので、そっと持っていると手元がかなり敏感になり、そういう意味でも手元の感度がUPするという事に繋がってくるみたいです。

あとは長時間シェイクをしていても疲れる事がなく、ずっとシェイクをし続けられるなという感じがしました。

20ゾディアス264UL-S/2のキャストインプレッション

使用タックル

リールは19ストラディックC3000XGをあわせました、他のリールが無いので仕方なくという感じです。自重が225gと重めなので264UL-S/2の良さを少し消しちゃってる気もします。

ラインはよつあみのG-SOUL X8の0.8号に、リーダーはフロロの10lbを使いました。こちらもちょっとオーバースペック。

20ゾディアスってアルコナイトガイドが採用されているのでPEはダメなんじゃないか?と思われるんですが、開発に携わっている黒田さんが海でバンバンハードにPEラインを使っても削れたりという問題は無いという事なので、全然PEラインを使っていっても大丈夫でしょう。

感度の高さ

「ゾディアスは巻物ロッドで感度はよくない」「ソリッドティップは(チューブラと比べると)感度が良くない」と言われる事があるんですが、全然そんな事は無いなという印象です。

ダウンショットを操作するとボトムの感度はかなり手元へ伝わってきて、何があるかがわかりやすかったです。

あとI字系ルアーや、プロップベイトを使っている時に「違和感」を感じる事があって、回収してみるとフックに小さなゴミがついていたという事が多かったです。(これはロッドティップも一緒に曲がるので感じやすかったです)

キャストしたルアーとインプレッション

キャスト自体はショートロッドのおかげで狙いたいポイントにキャスト可能です。

【一誠 ビビビ虫】2g

一応投げられるという感じでサイトで狙う範囲には届けられるかな、でも沖を狙う時にはちょっと厳しい感じがしました。水面でのピクピクアクションはかなりやりやすかったです。

【一誠 ライアミノー+0.9ジグヘッド】3.9g

キャストは問題なくできて、ソリッドティップを振る感じでシェイクするとミドストがかなり快適にできました。

PEラインを使っているおかげでライアミノーが沈みづらく一定層をゆっくりと巻いてこれます。

【ジジル70】4g

キャストは問題なし、I字のゆっくり引きもOK、ちょんちょんという軽いトゥイッチもやりやすかったです。ヒットした時もソリッドティップでバラシが少なそう。

【ジョイクロ70】4.1g

キャストはOK、ただ巻きでもちゃんとS字で泳いでくれてる、表面でのトゥイッチは良いけど、潜っている時のトゥイッチはラインの水の抵抗が強くなって、若干ヌメッとした動きになる感じ。

【スワンプクローラー+0.9gネイルシンカー】5.4g

飛距離はOKだけど鋭いキャストをするとロッドティップが曲がっている気がしている、空気抵抗が大きいワームはこれくらいの重さまでが良さそう。

ロッドティップを振るようにシェイクすると、気持ちよく快適にシェイクができるし、バスが食ったらそのまま乗せてくれそう。

【レッグワーム+ダウンショット】

ダウンショットシンカーが2.5だと4gになり、ちょっと軽すぎてボトムの感度は風が吹くとわかりずらくなってしまう、これはPEとリーダーが10lbだからかなという感じ、フロロ4lbを使っていればもっと感度が上がるかなという感じ。

シンカーを5gに上げて6.5gにすると、ボトム感度はかなりわかりやすくなるし、飛距離もUPするという感じ。

【レアリススピンベイト】6.7g

気持ちよく飛距離は出せる、けどこれ以上重たいとちょっとキャスト時にロッドティップが曲がりすぎるかなという感じ。今後じょじょに試していこうと思う。

ゆっくりと巻いてもそこまでティップは曲がらず、何か障害物に当たった時にクッっと曲がるんで、弾かずに乗せてくれるんだろうなという感じ。

ルアーの操作性

264UL-S/2はワームのシェイキングがかなり気持ちよくやれるし、ミドストは一定層を引いてくるのがやりやすい。

ハードルアーは巻物の場合も一定スピードで巻きやすく、表層系ならトゥイッチアクションも問題なく行えるという感じです。

気持ちよく投げられるルアーの重さ

今回はリールとラインがちょっとオーバースペックだったんですが、このセッティングで気持ちよく投げられる重さは【2g〜8g】という感じでした。

ラインが太いせいか2gは一応飛ぶけど欲しいポイントまでは届かない時もありそうって感じで、重たいルアーは8gを越えてきてピュッっと鋭く投げると曲がりすぎて投げづらくなりそうだなという感じです。

キャストを動画でみる

20ゾディアス264UL-S/2のキャストインプレッション(スピニングロッド)

20ゾディアス264UL-S/2を安く購入する方法

20ゾディアス264UL-S/2は定価で購入しても安いんですが、さらに安く購入する方法があります。

楽天市場の買い周りマラソンなどを利用すると最大で50%ポイント還元で、実質50%の価格で購入できます。通常なら20%位かなという感じです。

詳しくはこちらの記事でまとめています↓

釣具を最大50%割引で購入する方法!楽天市場でポイ活
楽天市場って楽天ポイントの還元キャンペーンを頻繁に行っていて、そのキャンペーンを組み合わせる事で楽天市場での購入金額の最大50%還元で、通常で20%くらいの還元率となります。 リールやロッドそして釣具を購入する時に楽天市場を利用すると...

すぐ欲しい人は色々な通販サイトで価格を比較して、ポイント還元等を含めて安い所で購入するのがおすすめです。釣具屋店舗で購入するより安くなりますよ〜

ポイズンアドレナと比較してどうなの?

20ゾディアスとポイズンアドレナの172MHを使ってみての感想ですが、正直20ゾディアスの性能がカーボンモノコック採用などで高くなっているので、ほぼ同じという感じです。

若干ポイズンアドレナの方がワームなどを使った時の感度が高く、20ゾディアスは巻物向きかなと思うんですが、バスプロじゃないと気づかないくらいかなという感じです。

20ゾディアスとポイズンアドレナ比較!アドレナはいる?いらない?

まとめ

迷っている方はぜひ購入してみて使ってください。

使い勝手がよくて釣れるロッドでもあるし、魚を掛けたら良く曲がり気持ちいいロッドでもありますよ。

20ゾディアスの172MHもおすすめです

20ゾディアスはスピニングだけじゃなく、ベイトロッドの172MHもおすすめです。

20ゾディアス172MHのインプレッション+実釣インプレで入魂