アンタレスDCMD18のインプレッションと飛距離テストなど

アンタレスDCMDを購入しましたので、インプレッションを書きたいと思います。

約20年ぶりにアンタレスの進化を体感出来る数少ない人であるんじゃないでしょうか?w

アンタレスDCMDを試したタックルセッティング

バーサタイルに使いやすいアドレナの172MHと、フロロ16ポンドの組み合わせで使用しました。

ライン細くすればもっと飛距離は出ると思うんですが、いつか来るロクマルの為に太めを装備してます。

DCモード「XB」と各ラインモードの使い分け

あんまりDCモードの解説をしているサイトが無かったので、最初はビビりつつXBモードを強めにして使っていました。

XBモードがよく飛ぶおすすめモードで、1〜4がメタルジグとか空気抵抗少ないやつ、5〜8が空気抵抗大きいビックベイトとかで、4と5の間の微調整をやりたい場合は、各ラインのDCモードを使用する。という感じのようでした。

手にとって最初に思ったのは「ラメ感」低めでよかった

めっちゃ気になってたんですが、ラメ感低めでよかったです。パッと見はダイワとかのメタリックボディーで、太陽が当たってる所でよくみたらラメだね、という感じでした。

全然許容範囲のラメ感でよかったw

アンタレスDCMD表面のラメのギラツキ感チェック4K動画

アンタレスDCMDのルアーの飛距離感とインプレッション

飛距離の実測はやっていないんで、全部体感での情報となります。同じ場所で投げているので、実際のデータとそんな大差は無いはず。

サミング不要な所がすごい!

乗り換えて一番すごいなと思ったのは「サミングが不要」な事でした。

初代だったらルアーの失速とともに、サミングしてたんですが、DCMDは着水までノータッチでいけます。

キャスト時に横風が吹いて一瞬バックラッシュするんですが、すぐにDCが調整してくれてバックラッシュ無しで着水します。

これがめちゃくちゃすごかったですね。

ビッグベイトの飛距離テスト

S字系とギル系ビッグベイト両方使ってみたんですが、ブレーキセッティングをXBモードの上2つがビッグベイトモードです。

ビッグベイトモードだとS字系ビッグベイトが回転せずに飛ぶので投げやすくなります、ブレーキを低い方に設定すると飛びはするんですが回転するので、結果飛距離が出づらくなってしまいました。

ギル系ビッグベイトは空気抵抗がめちゃくちゃ大きくて、投げる時にコツがいるんですが投げているうちに回転させずに投げられるようになってきました。

ロッドとの相性もあると思うんですが、おかっぱりでは満足の行く飛距離を出せますし、近い距離なら着水音も抑えていけるので、ビッグベイトとの相性がいいなと感じました。

実際の飛距離テストは動画3:15あたりからです。

NEWワールドシャウラ1704R-2のインプレッションとアンタレスDCMD使用でビッグベイト試し投げ

ジャイアントベイトと言われているものは竿をちゃんと選ばないと厳しい感じでした。

ニューワールドシャウラ1704Rで何グラムまでのルアーを投げられるか、2倍重量のスライドスイマー250で最大重量を確かめてみた

リトルマックス1oz(メタルバイブ)

XBモードの2番でめっちゃ飛ぶ、微風時の1番が飛距離は最高でした。

フルメタルソニック18g(メタルバイブ)

リトルマックスよりちょっと軽くなると、飛距離感がちょっと落ちました、快適に投げられはするんですが、1ozには及ばない感じがしました。

ダイワメタルバイブ7g

微調整が難しいんですが、まあ普通に快適に投げられる感じでした。飛ばない事は無いという感じ。

ジョイクロ175(ビックベイト)

使ったのが風が強くなったタイミングだったんですが、横投げでグイーンと伸びるような飛びをしてくれました。

無風時にまたしっかり飛ぶか試してみたい。

Dゾーンダブルブレード3/4oz(スピナーベイト)

こちらも風が強くなったタイミングで使用したんですが、風の抵抗大きいはずなのに、全然そんな事感じさせない位、しっかりと飛んでくれました。

3/8も今度試してみたい。

軽めのルアーは飛距離が出ない?は嘘でした

重量は9.6gで飛ばなくは無いという感じ、XBモードで色々やってみたけど、ラインモード(Fモードとか)での微調整が必要な気がした。

初期だとバックラッシュするから投げたくないほどの強風時に、バックラッシュの気配なしでしっかり投げられたので、そこはかなりよかったです。

アンタレスDCMDで軽いルアーが飛ぶか投げてみた!ビッグベイト専用リールじゃない!

DCブレーキ調整ミスると全然飛ばない

デメリットも1つありました、DCブレーキの調整をルアーに最適なものにしないと、ブレーキがかかり過ぎて飛ばなかったり、緩すぎてバックラッシュしそうになりました。

ルアーローテーションが多い人は、最適なDC調整を見つけつつが良いかなと思いました。

あと微調整によって飛距離が伸びる時があります、低ければ飛ぶって訳じゃないんです。

DCブレーキの微調整で飛距離アップとバックラッシュ軽減!アンタレスDCMDで解説

アンタレスDCMDを安く購入する

ちょっとでも安く購入したいじゃないですか?リールの巻感を確かめたい人は値段よりも近くの釣具屋さんでの購入をおすすめします。

ネット通販サイトで購入する時の参考に、この記事を書いた2019年1月23日時点での価格で比較しています。

早く欲しい時にはAmazonが常に安い価格の61560円で販売をされていました。

楽天市場の一番安いお店が61560円で、ポイント付与があるので、できれば楽天スーパーポイントなどのタイミングで購入すると、4倍時は2460円、8倍時には4920円のポイント付与で安くなります。

ヤフーショッピングの一番安いお店が59843円で、598ポイント付与されます。ヤフー有料会員なら+2392ポイント、ソフトバンクなら+2990ポイント付与されます。

ぼくは楽天市場をよく利用するので、楽天市場でポイント10倍付与くらいの時に購入できて、最安値だったと思います。

実際の購入は価格をチェックしてからにしてくださいね。

アンタレスDCMDを水洗いで毎回キレイを維持

アンタレスDCMDを海で使う人もいますし、バス釣りに淡水で使う人もいます、海で使って毎回洗う人もは多くいると思うんですが、バス釣りの後にも洗って上げるとキレイを維持できておすすめです。

洗う時にはドラグを締めて、水を流してハンドルを回してスプールやハンドルの隙間の汚れを洗い流していきます、細かい所は歯ブラシがあるとキレイにしやすいです。

【1分】アンタレスDCMDの簡単メンテナンス方法(水洗い)。シマノさんに直接教えてもらいました

メンテンス方法

ベイトリールのメンテナンス(アンタレスDCMD)

フックキーパーを付けて本体の傷予防

アンタレスDCMDの表面って透明な樹脂?かなにかでコーティングされているんですが、フックをリールに掛けて移動していると傷が付きやすいようです。

ロッドガイドに掛けていると本体が傷つくので、ぼくはリールにつけるフックキーパーを装着して、そこにフックを掛けて移動しています。

これならリールにもロッドにも傷が付かずキレイに使っていけます。

ジーニアスプロジェクトBHKフックキーパーをアンタレスDCMDに付けてみた

ハンドルは正直使いづらいので変更

ノーマルハンドルって平たい2面なんですが、とっさにハンドルを掴もうとする時に、角の部分を触って一瞬ロスが出てしまう事が多々ありました。

巻き続けている時なら問題ないんですが、ワーム使ってる時ならよく起こります。

それなのでスタジオコンポジットの丸いハンドルに変更しました。

実際使ってみるとすぐに掴めるし、ハンドルによる感度もUPして、巻物の違和感(アタリ)を感じる事ができるような気がしています。

スタジオコンポジットRC-SC EXプラスストロングマインド88mmインプレッション
今回はアンタレスDCMDのハンドルを、スタジオコンポジットの「RC-SC EXプラスストロングマインド88mm山田祐五モデル」に交換してのインプレッションとなります。 インプレッションの時に使用したタックルはNEWワールドシャウラ17...

スタジオコンポジットは値段が高いので手が出しづらいと思うので、ゴメクサスのリーズナブルなハンドルでも良いかなと思います。

まとめ

アンタレスDCMDめっちゃいい、サミング無しと手軽だし、簡単によく飛ぶから、1日使ってみると疲労感も少ない。

そしてしっかり飛ぶから人とは違う魚にアプローチできそうな気がしました。