ビッグベイト用ラインの選び方とおすすめランキング

ラインは、フロロ、ナイロン、PEの3種類あるんですが、どれがビッグベイトにはベストなのかまとめます。

ライン自体ではなく、ビッグベイトに目当てのアクションをさせる為に、ラインを選ぶという考えが良いかなと思っています。

巻き系のビッグベイトなら柔らかい方がノリの良さはありますし。

ビッグベイト用ラインの選び方

タックル全体のバランスで考える

ラインだけじゃなく、ロッドなどタックル全体で考える必要があります。

カチカチの竿なのにフロロを使うと弾いたり、柔らかいロッドにナイロンを使うと伸びてアクションしずらかったり、となってしまいます。

間を取って「硬い竿にナイロン」「柔らかいロッドにフロロ」という選択もありです。

ラインの素材の差(フロロ、ナイロン、PE)

ラインの素材についてはご存知だと思うので簡単に、フロロ(伸びづらい、沈む)、ナイロン(伸びる、沈みづらい)、PE(伸びない、浮く)です。

アクションを伝えたいなら、PEがベストですが、使い勝手の良さだとフロロかな。

陸っぱりならナイロンの方が、ラインが沈みづらいので根掛かり率が減るし、他のルアーも使えるバーサタイル性が増しますし、バックラッシュ率が減ります。

あと、「硬いナイロン」や「柔らかいフロロ」とかあるので、ナイロンやフロロで見るのはちょっと違うって事もでてきます。

ラインの太さ(ポンド数)

ラインの太さはビッグベイトのキャスト時に切れない太さであり、ビッグバスも釣り上げられる太さである必要があります。

ビッグベイトの重量とよく使われているライン太さで、フロロだとこの数値のままで、ナイロンだと劣化を考えて1サイズ上を使われる人が多いです。

  • 2ozクラス:20lb
  • 3〜4ozクラス:25lb
  • 5oz以上:25lb以上(人によって差あり)

菊本さんはバラム(168gで約6オンス)でナイロン25lbを使われています。

ビッグベイトにおすすめのフロロライン

ビッグベイトをロッドアクションするなら、伸びづらいフロロラインがおすすめです。

ビッグベイトを使われる方はほとんどフロロなので、迷ったらフロロを購入しましょう。

品質重視ならRー18フロロリミテッド(シーガー)

ジョイクロの平岩さんや吉田撃さんなどが使われている、シーガーのR-18フロロリミテッドです。(2人は16,18lb使用)

アクションをビッグベイトに伝えるのはもちろん、耐久性でも評判の高品質フロロラインです。

フロロなんですが柔らかめ(しなやか)なタイプなので、投げやすく扱いやすいラインという感じですね。

100m巻きのみなのでちょっと割高を感じてしまう、釣具屋のセールかAmazonで買うのが安くておすすめです。

コスパ重視ならフロロマイスター(シーガー)

R-18と同じシーガーから発売の低価格大量巻きラインのフロロマイスターです。

安いけどラインが原因でのトラブルは無く、品質が高いので愛用者が多いです。

釣行回数が多い人は2回に1回くらいで交換しても、1回300円前後で巻き替えられるのでコスパが良くぼくはずっとリピートしていて信頼度も高くておすすめです。

2回で巻き替えするならトラブル無しなので、迷ったらフロロマイスターでOKです。

若干硬めのフロロなので20lbを超えると、キャストが若干しずらくなり飛距離が落ちるので、ブレーキ調整をうまいことやっていきましょう。

ビッグベイトにおすすめのナイロンライン

ビッグベイトを遠投したり、バックラッシュ等のトラブル無しで使うならナイロンですね。

スローに動かしたかったり、TOPや羽根物も使ったりしたかったり、するならナイロンがラインが沈まないのでおすすめです。

品質重視ならGT-Rウルトラ(サンヨーナイロン)

サンヨーナイロンのGT-Rウルトラは、強くて使いやすいナイロンを目指して村田基さんが開発されたラインで、バスだけでなく海のデカイ魚にも使われているので、強さは間違い無いです。

フロロより摩擦に強く、水を吸いやすいというデメリットを軽減されていて、高品質のならナイロンです。

しなやかで強いのでウイードが多いエリア(ナイロンはウイードに強い)で活躍してくれますし、ジャイアントベイトのキャスト切れを防ぐのにも一役かってくれるでしょう。

100m巻きもあるんですが、気に入ったら600m巻きを買ってコスパを良くしましょう。

コスパ重視はCN500(デュエル)

コスパ重視ならデュエルのCN500がいいでしょう、500mで500円前後というかなりの安さです。

これは「ナイロカーボンライン」とされてて、ナイロンをフロロでコーティングされていて、しなやかで投げやすく、伸びはフロロ並で感度は高いといういいとこ取りです。

ビッグベイトで使うと重さのせいかどうしても伸びを感じるので、気持ち太めの25lbが良いのかなと思います。

ビッグベイトにおすすめのPEライン

ビッグベイトでPEを使う時はキャスト切れ(高切れ)を防ぐ為と、バックラッシュしずらくさせる為(しても直しやすい)、太めを選ぶのがおすすめです。

そしてリーダーにはナイロンラインがクッションの役目をしてくれます。

G-soul X8 UPGRADE(YGK よつあみ)

PEラインの中で高品質で、使い勝手が良く、レビューも多く、コスパも良い、よつあみのG-soul X8 UPGRADEです。

ラインが蛍光グリーンイエローなので直結はあまり向かなくて、色がガイドに移る(すぐ取れる)のがデメリットかな。

太さは3号か4号あたりがおすすめです、あんまり細すぎる2号以下だとラインを噛んでキャスト切れしたり、バックラッシュして再起不能になるので、最低でも3号できれば4号って感じですね。

シーガーPEX8(クレハ)

フロロも人気のシーガーの8本PEも人気が高いです。

海用って感じですがバスでも問題なく使えてレビューも高いです、「R18完全シーバス」の方が良いんですが、ビッグベイトで使える号数が今の所無いので、こちらをおすすめしています。

まとめ

ビッグベイトをどう動かしたいか?でラインを決めるのは楽しいです。

ベストを求めるなら、タックルに合わせてフロロとナイロンの両方を使って、自分でテストするのがいいですね。

迷ったらR18がしなやかで使いやすいフロロなのでおすすめです。