ヘビキャロで飛距離を出す為のチェックポイント

ヘビキャロで飛距離アップの為の方法で、簡単にできる方法と、ちょっと手間は掛かるけど確実に飛距離アップできる方法の2種類を解説していきます。

簡単に飛距離を出す方法

結構すぐにできる飛距離UPの方法はこちらです。

ワームサイズを小さくする

一番簡単で効果的なのがワームサイズを小さくする事です、これはキャスト時の空気抵抗を減らす事によって伸びるという事に繋がります。

これは今まで4インチを使っていたなら、3インチを使うという事なんですが、ボリュームがあるファット系のワームだと3インチでも飛距離が出ないんで注意してください。

ぼくがよく使う3インチワームは、エビシャッド、スイングインパクト、ブルフラットなんですが、この3つを投げ比べするとかなり明確に飛距離の差が出てきます。

よく飛ぶ順番に並べると【スイングインパクト>エビシャッド>ブルフラット】となります。

スイングインパクトとブルフラットの飛距離はざっくり平均5メートルくらい違ってくる感じです。

それなので飛距離を出したかったらスイングインパクトを使えばOKです。

でも、その場所の魚に合わせてワームを選ばないと口を使ってくれません、詳しくはこちらの記事で解説しています。

ズル引きでOK!ヘビキャロおすすめのワーム3選とその使い方まとめ
どうも!エナジー福田です。 今回は琵琶湖南湖の陸っぱりでまあまあいい釣果を出せていたかなと思うので、その時に色々と試して気づいた「ヘビキャロにおすすめのワーム」3選です。 琵琶湖での情報なんですが、他の釣り場でも使えるランキング...

シンカーを重くする

今もし1オンスのシンカーを使われている場合には、1サイズUPさせて1 1/4オンスを使う事で飛距離が伸びます。

これは重さの力で飛ばすというのと、ロッドにしっかり重さが乗りロッドの反発によって押し出す、という2つの仕組みで飛距離が伸びます。

ただただ重くすれば良いという訳じゃなくて、今使用されているロッドの適合ルアー重量をちゃんと見て、その最大重量から1サイズ上くらいまでは使えるので、その辺を目安にシンカーを選ぶと良いと思います。

キャストし、着水後に水中で更に2〜3m奥にスライドし飛距離を伸ばしてくれる、村上晴彦さんが作った浜キャロロケットというシンカーがおすすめです。

ラインを細くする

ヘビキャロは16lbを使われている人が多いと思うんですが、14lbにラインを細くする事で飛距離がUPします。

これはラインが細くなる事によって、キャスト時ラインの空気抵抗が減る事により、飛距離がグンと伸びます。

これには注意して欲しい事があって、ラインを細くしちゃうのでラインブレイクする確率も高くなってしまいます、ラインチェックをこまめにしたり、ファイト中には気をつけるようにしましょう。

そして、ラインを細くするとフロロでもキャスト時に伸びるんで、一緒にシンカーを投げやすい重さに調整する必要がでてきます、調整しないとキャストに慣れるのに時間がかかってしまいます。

ヘビキャロラインの選び方とおすすめ4選
ヘビキャロのラインの選び方とおすすめの4選を書いていきます。 悔しい思いをしない為に使う場所によってしっかり選ぶのがおすすめです。 ヘビキャロラインの選び方 まずヘビキャロで使うラインを選ぶポイントについてです。 基本はフロロラ...

それ以外の飛距離を出す方法

キャスト方法を改善する(動画で観る)

ヘビキャロってリーダーが長いので、バックスイングキャストだとちょっと慣れが必要になってきます、しっかり重さをロッドに乗せてキャストできるように練習をしていきましょう。

釣ろうとするとキャスト数が減ってしまうので、ある程度投げ終わったらキャスト練習で飛距離UPを狙ってみてください。

回して投げるキャストはラインブレイクによってどこにシンカーが飛んでいくかわからないので、できるだけバックスイングキャストで投げるようにする方が良いなとぼくは思っています。

ヘビキャロ遠投で飛距離20mアップしたコツ(アンタレスDCMDとブラックスケール83X)

リールを買い換える

ロッドとリールだったらリールの方が優先度が高いです。

リールは色々とあるんですが、最高の飛距離とバックラッシュトラブルを減らすという2つの意味でアンタレスDCMDが良いなと思います。

アンタレスはヘビキャロで飛距離を出す為の条件を多く満たしているんですよね、その詳しい内容や別のおすすめリールは別記事で詳しく解説しています。

ヘビキャロリールの選び方とおすすめ3選
ヘビキャロにおすすめのリールとその選び方を解説していきます。 タックルの中で一番大切なのがリールで、ヘビキャロでいうと飛距離に関係してくるので、お金を掛けるならリールにするのがおすすめです。 ヘビキャロリールの選び方 16lbを1...

長いロッドに買い換える

次はロッドです、長くすればするほど飛距離が上がると思ってもらっていいでしょう。

ロッドが長くなるとキャスト時の「1振り」が「素早く大きく」なるので、その分飛距離が上がるという訳なんです。

長いと最初投げづらいんですが、慣れると高い飛距離を軽く出せるようになったり、長いリーダーにして投げられたりとメリットは大きいです。

個人的に一番のおすすめはワールドシャウラ17114R-2で、絶妙な長さでヘビキャロでフルキャストできますし、キャスト時にロッドの反発を活かし投げやすく、魚が釣れるとよく曲がり気持ち良いです。

それ以外にもヘビキャロに向いているロッドがあり、こちらにまとめています。

ヘビキャロロッドの選び方とおすすめランキング
ここではヘビキャロロッドの選び方と、おすすめランキングを作りました。 ヘビキャロロッドの選び方 ロッドは飛距離UPの為に必要なんですが、遠くでのアタリに気づき、フッキングを決められる必要性があります。そのあたりの選び方をまとめていきます...

まとめ

まずは簡単にできる飛距離UPの方法をやってみて、それで満足できない時にはロッドやリールの見直しをやっていくのがいいでしょう。