釣りYouTubeの撮影道具など

スポンサーリンク
釣りYouTubeの撮影道具など

YouTubeのライブ配信で使う目安のギガ数

毎週末にYouTubeアプリから、バス釣りライブをやっていて、その時にどれくらいのギガを使うのかまとめておきたいと思います。 YouTubeアプリからだと最大が720pという画質になるようです、色々調べましたが変えられ無さそうでした。(良い...
釣りYouTubeの撮影道具など

オリジナルステッカーをラクスルで作ってみた(安くて高品質でおすすめ)

今回はオリジナルステッカーをラクスルで作りました。 釣り場でぼくに会った人にお渡ししているものですね、タックルボックスに貼っても剥がれないように、接着面が強くて、ラミネート加工されているのでかなり丈夫で、車に貼ったりされたりしている素材なの...
釣りYouTubeの撮影道具など

GoProネックマウントは釣りの撮影に最適!折れにくいマウントはこれ

ぼくがいつも釣りの撮影の時に使っているGoProネックマウントの折れない付け方から、メリット、デメリットまで紹介していきます。 GoProネックマウントの付け方 まずネックマウントを付ける時にはギューッと大きく開くのはNGです、大きく開くと...
釣りYouTubeの撮影道具など

YouTubeで手元撮影をする時の撮影台、道具、ライトまとめ

YouTubeなどで手元撮影をして、作業をやったりする時に、必要な道具をまとめていきます。 以前はスマホアームを使っていたんですが、机に付けると軽く当たった時などにブレが大きく、慎重に作業をしないといけないので、ちょっと面倒です。 今回はな...
釣りYouTubeの撮影道具など

GoPro用三脚の選び方とおすすめ商品

GoProに三脚を使いたい時に、失敗しない為に知っておいて欲しいことがあります。 3つの選び方をチェックして購入すれば、間違いないと思いますよ。 GoPro用三脚の選び方 脚が棒タイプよりクネクネ三脚(ゴリラポッド) 三脚の足が棒タイプで曲...
釣りYouTubeの撮影道具など

GoPro6のバッテリー発熱対策方法まとめとメーカー修理方法

釣りの時にGoPro6を使用回していたのですが、日光が当たっているから発熱している、というだけじゃなく、異常に熱くなっているように感じます。 2時間ほど録画して、バッテリーが切れて交換しようとすると、火傷してしまいそうなレベルで熱かったです...
釣りYouTubeの撮影道具など

GoProを偏光板を使ってPLレンズにしてみた!

釣りでは「偏光レンズ」なんですが、カメラでは「PLレンズ(フィルター」と呼ばれています。 GoProってオフィシャルで偏光レンズがありません。 オフィシャル以外で探してみたら、GoProに装着するレンズがあったんですが、GoProフレームに...
釣りYouTubeの撮影道具など

ユーチューブ用釣り動画撮影の最強GoProセッティングまとめ

釣り動画をGoProで撮影しようかなと思って、釣りする時に必要な道具を調べて、実際に購入してみました。今後釣り動画をGoProで撮影される人の参考になれば嬉しいです。 GoProを使った釣り動画の撮影条件 1日釣りをしたらだいたい8時間あれ...
スポンサーリンク