PEラインとリーダーラインの太さの選び方(一覧表あり)

PEラインを使う時にリーダーラインの太さってどれくらいを買えばいいの?って思っちゃいますよね、そんな初心者さんに向けた動画になります。

この動画では、リーダーラインの太さの基準や、太め、細め、を使う事のメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

早く知りたい人に向けて、下の動画説明欄にPEラインの太さと、リーダーラインの選ぶ太さ一覧を書いているので、そちらでチェックしてみてください。

PEラインとリーダーラインの太さの選び方(説明欄に一覧表あり)【 バス釣り 】

バス釣り
・スピニングのPEラインとリーダーライン
・フロロのリーダーライン

一般的に言われているリーダーライン太さ
・PEライン号数の3〜4倍(0.8号なら2.4号〜3.2号)
・ポンド表記のリーダーなら1号4lbなので、9.6〜12.8lbとなる
・ラインメーカーによって太さ(強度)表記が違うので注意

太さ3倍のメリット、デメリット
・サイトなどでラインの存在感が出づらくなる
・リーダーライン側で切れるのでノットの結び変えが少なくなる
・ノットが小さく、ガイド内に巻き込んでも抜けが良いので飛距離が出る

・PEラインの強度を出す前にラインが切れる(性能を活かせない)
・口の中にリーダーが入るとラインブレイクする可能性が高い

太さ4倍のメリット、デメリット
・PEラインの性能(強さ)をフルで活かせる
・擦れる可能性がある場所でも安心してファイトができる
・障害物付近で潜られないようにパワーファイトができる
・人間側が主導権を取る事ができる

・ラインを沈めるサイトではラインの存在感が出る
・ノットが大きく、ガイド内に巻き込むと飛距離低下する
・ゆっくり巻く時にラインに引っ張られて動く時がある
・PEライン側で切れる可能性があって面倒

▼PEラインとリーダーラインの太さ基準▼
※PEラインの太さの3〜4倍のリーダーラインを選ぶとする
※PEラインの太さ⇒リーダーラインの太さ(号表記)、ポンド表記
0.6号⇒1.8号〜2.4号(7.2lb〜9.6lb)
0.8号⇒2.4〜3.2号(9.6〜12.8lb)
1号⇒3〜4号(12lb〜16lb)
1.2号⇒3.6〜4.8号(14.4〜19.2lb)
1.5号⇒4.5〜6号(18〜24lb)
2号⇒6〜8号(24lb〜32lb)