釣り用ヘッドライトのおすすめは「ジェントス LED ヘッドライト ダブルスター」

今回は夜釣り初心者さんにおすすめのヘッドライトを紹介していきます。

そのヘッドライトは「ジェントス LED ヘッドライト ダブルスター」です。

このヘッドライトは明るく、赤色ライトもついてて、電池も長持ちで、

もっと明るい製品があるんですが、値段もその分高く、釣りで使うならこれが明るさとコスパのバランスが良いなと思って、今の所これに落ち着いてます。

ジェントスヘッドライトの明るさ

一番気になる明るさがどんなものかチェックしてみましょう

明るさは何段階かあります。

最大「ハイ」

これは歩いている時とか、足元の水中をしっかり見たい時や、ランディングする時などに使います

あんまり使わないんですが、レンズを回す事で光を細く強くも可能ですが、基本広範囲でいいと思います

・中くらい
中くらいもあるんですが、あんまり使わないです。

・小
ルアー交換とか、できるだけ水面を照らしたくない時に使う時が多いです。

赤色ライト

暗闇から白色ライトを使うと目が慣れるまでに時間が掛かるので、赤色ライトを使うとすぐ見えてルアー交換等ができますし、水面に光が落ちても魚を驚かさないので、

釣り場近くで使うのはこれが多いです。

・赤色の点滅
点滅はここで釣りしてるよーってアピールする為に使います、暗い場所で釣りしていると気づかずに近くに来られたり、投げられたりしてびっくりするので、つけておくといいかもです。

デメリット「点灯までの連打がちょいと面倒」

1つのボタンになっているので、1回押して最大の明るさになるのは良いんですが、

赤色ライトまで4回押さないといけないのが手間に感じますが、4回って覚えてたら1秒もかからず赤色でつけられるので、慣れたら気にならなくなります。

バッテリー持続時間

最大の明るさで約6時間は持続可能で、それ以外の光はこの一覧のようになっています。

実用点灯:白色(High/6時間、Mid/12時間、Eco/53時間)、赤色(点灯/19時間、点滅/40時間)

ぼくが夜釣りで3〜6時間くらいやる中で、釣りライブの準備で10分くらいハイでつけて、ルアー交換や、ルアーの泳ぎを足元でチェックしたりも、ハイでやっていて、

普通の人より少し消費が大きいかな?という程度だと思います

大体4〜5日目の途中に切れる時がありました

電池が切れる時って、徐々に弱まっていくのかなと思っていたんですが、突然切れてしまって、スイッチを押すと一瞬光るけどすぐ消えるって事になるので、

それからは3日使ったら充電という感じでやってるんですが、途中での電池切れは無かったです。

充電電池をおすすめ

専用バッテリーが2200円であるんですが、ぼくはAmazonの充電電池を使っています。

この方が充電しやすいし、他の道具の電池と使いまわしもできるし、便利かなと思います。

他に電池使う製品が無いなら、専用バッテリーでOKだと思います、お好みでどうぞ。

動画で見る

光り方などは動画で見てもらった方がわかりやすいかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました