夏のウェーダーが暑すぎるので「鮎足袋」を使ったら快適だった!

夏にウェーダーで釣りをしていたら、気温が熱くて水に入っていたとしても、水温が暑いし、蒸し風呂状態でやってられん!っていうか熱中症なりそうでした

そして、サンダルみたいな感じの物に、フェルトが付いてたら、短パンとかで滑らず快適に釣りできるのになーって動画の中で言ってたら

動画コメントで視聴者さんに「鮎足袋」っていうものをおすすめされて購入してみましたので、実際のは着心地やサイズ感、実際に釣り場で使っての感想をお話していきます。

【 バス釣り 】夏のウェーディングが暑すぎるので「鮎足袋」を使ったら超快適だった!

鮎足袋
・阪神素地 フィッシングたび 29cm(1cm刻みでサイズがある)
・普段の靴は28cmでギリギリで、靴下の厚さを考えて29cmにしてみました
・価格が3300円と結構安かったです
・カラーはダサいけど、脚がどこにわかるから良い?かも?w

・鮎足袋ってソックスを履いてた方が靴ずれや、小石が入っての不快感が無いらしい
・そして岩場とか硬い場所で歩くなら、分厚い靴下がクッション性あって脚は楽かも
・モンベルの紙糸っていうソックスが、水はけが良くて、脱ぐ時も肌に付かずに良さそうでした、ぼくは脚のサイズ的にNGでした

色々な場所で履いて見ての感想
・コンクリートでの歩きやすさ
・砂地での歩きやすさ(砂がうざい)
・涼しさはどう?(めっちゃ快適)
・膝下くらいまでの入水ならアリ

鮎足袋のデメリット
・タイツは水が上がって来るのでNG、ジャージとかの方が良さそう
・指の付け根は下駄の鼻緒くらいの違和感?はあるけど、歩きやすさにも貢献してる
・汚水の所は入りたくない