偏光サングラス、メガネの曇り止めで快適に!【曇らない実験あり】

冬の寒い時にメガネや偏光サングラスをかけてる時に、マスクしてたり、ネックウォーマーをつけているとメガネが曇っちゃいますよね。

あと暖かい店内に入った時にブワッと曇りますよね。

この動画をみるとそのメガネのくもりが激減します。

メガネ、偏光サングラスの曇り止めで快適に!【本当に曇らないか実験してみた】

メガネが汚れていたら事前にメガネ拭きでキレイにしておいてください。

次にこのピュア200というくもり止め、200円くらいを使います。

2滴ほど垂らし、
ここですぐ拭いてもいいんですが指で広げて、少し待ってから拭く事でコーティングが強くなってる気がします。

乾きだしたらティッシュで拭いていきます、ギラギラしている所は成分が残っているのでしっかり、ギラギラがなくなるまで拭きます。

この時マイクロファイバー系のメガネ拭きを使うのはNGみたいです。

次は実験してみましょう。
お皿にお湯を入れてわざと湯気で曇るようにしていきます。

右がくもり止めをしたレンズですね、左が普通のレンズです。

これを湯気の上に持っていくと・・・レンズが曇ります。

そして湯気から外れると・・すぐに曇りが取れます。

コーティングした方も曇ってるじゃん!っ思うかもなんですが、これ湯気が常に出てるからで、人の呼吸だと一瞬なんで、曇っても一瞬でキレイになります。

持続時間は毎日使ってるメガネなら2〜3日って感じです。

めっちゃ長く持続するってわけじゃないんですが、手軽にコーティングできるんでまあそれはいいかなと思います。

メガネやサングラスが曇ってこまっている人は試してみてください。