スピニングリールを買ってすぐやるべき設定【 バス釣り 】

今回はスピニングリールを買ってすぐやるべき設定の紹介をしていきます。

その設定場所は「ドラグ」です。

・ドラグとは大きい魚が来た時に、強く引っ張られて、釣り糸が切れる事を防ぐ為の機能です、

しっかり設定しておかないと、大きい魚がかかった時に釣り糸が切られてしまうので、しっかりやっておきましょう。

スピニングリールを買ってすぐやるべき設定【 バス釣り 】

・ドラグは釣り糸が切れる前に出ていくように設定していきます
・使ってる釣り糸の強さの1/3の強さに調整します

・PEラインを使うならリーダーラインの1/3にします
・例えば10ポンドの釣り糸を使うなら、4.5kgなので1/3が1.5kgになります
・この1.5kgで出ていくようにドラグ調整していく事になります

・次に調整方法はドラグチェッカーがあればすぐにできるのですが、持っている人は少ないと思うので、今回はペットボトルで調整していきます。
・500mlのペットボトル1本で約500gになるので、今回なら3本のペットボトルを使います

・ビニール袋にペットボトル3本を入れて、リールで上から引っ張り
・調整する時はこの部分を左右に動かすと、強めたり、弱めたりできます
・そしてギリギリ持ち上がるか持ち上がらないかという所い調整すれば完了です

・釣り糸の太さを変えた時などには、その釣り糸の太さに合わせて調整するようにしてください