ユニクロのUVカットパーカーは本当にUVカットできているのか?検証します

羽織るだけで日焼け対策できると人気の、ユニクロのUVカットパーカーは

本当に紫外線をカットできているの?って気になったので

今回は紫外線に反応するビーズを使って、UVカット効果検証をしていきたいと思います。

ユニクロのUVカットパーカーの簡単な紹介

  • 素材にエアリズムが使われていて速乾性が高い
  • 接触冷感機能付きで触った時にひんやり
  • 糸にUVカット素材を練り込んで作られている。UPF40と高い
  • 繊維が密になっているので、隙間からの日焼けは無さそう

カラーは何色かあり。UVカット効果が高い色はブラックなんですが、太陽光を浴びると熱くなってしまうというデメリットもあります

逆にホワイトは太陽光を浴びてもそこまで熱くならないんですが、UVカット効果が落ちてしまうので、

今回はブラックで実験していきたいと思います

UVカット比較実験の内容

今回は紫外線に当たると赤く色が変わるビーズを使い、UVカットパーカーが本当にUVをカット出来ているのか確かめたいと思います。

ここは動画で観てもらった方がわかりやすいです。

結論から言うと、UVカットパーカーの中のビーズの色は変わらずに、紫外線を通していないという事がわかりました。

紫外線を受けて赤くなったビーズを、パーカーの中に入れると色が白く戻っていくので、しっかりと効果がありました

【ユニクロ】UVカットパーカーは本当にUVカットしているのか?効果検証してみる

ユニクロUVカットパーカーの実験結果

  • UVカットパーカーはしっかり紫外線をカットしている
  • 繊維も密になっているのでホワイトでもUVカット効果は高そう
  • 真夏に使おうとすると生地が厚いので、熱く感じてしまいそう
  • インナーにエアリズムを着て快適さを上げて対策しましょう

結果は黒色ではしっかりとUVカット効果がありました、繊維も密になっているので、ホワイトでも高いUVカット効果が見込めそうなので、ホワイトの方が熱がこもらず快適だと思います。

そして生地が若干暑いので、インナーにエアリズムなどの速乾性がある素材を着る事で、かいた汗を素早く放出し、快適にUVカット対策ができるかなと思います