釣果に影響するスナップの選び方

今日は釣果に影響する、スナップの選び方をお話していきます。
初めたての頃はスナップなんでどれでもいいだろう、って思っていたんですが、結構あたりの差があるんでちゃんと試さないとなと思って色々使ってみました。

スナップを使う理由

ルアーを買った時に付いているスプリットリングを外して、スナップを使います。

スプリットリングは2重になっているけど、スナップは1本なんですよね、これによってラインを結んでしっかりと締め込みやすくなります。結ぶ場所が太くなると締め込みずらくなるんですよね、それなのでスナップを使う事で結び目の強度がUPします。

釣りしている時の直感で「あれ使ってみたらどうだろうか?」って思うけど直結だと「めんどくさいからいいか」ってなりがちなんですが、スナップを使う事で楽にルアー交換できるようになるので、色々な攻め方ができるので釣果UPへと繋がっていきます。

スナップの形

先端は丸くなってるものと、尖っているものとあります。

これの違いなんですが丸くなっている方がおすすめです。

丸い事でルアーの動く範囲が左右に広く、しっかり動いてくれるようになり、クランクベイトなら水押が強くなり、バスへのアピールも高くなります。

逆に、
尖っているスナップでは、ルアーが左右に動けなくなり動きが制限されてしまうので、動きが弱くなってしまいます。使うとしたらI字系ルアーとかなるべく真っ直ぐ動かさずに引いてくるルアーに最適です。

特別な狙いがなければ先端が丸いものを使うようにしていきましょう。

おすすめのスナップ

おすすめは2つあって、1つ目はエバーグリーンのスナップで先端は丸形です。これの#2番がバス釣りのルアーサイズにピッタリで使えます。

このスナップはかなり好きでそのまま使っても大丈夫なんですが、できればスナップのこの部分をペンチで曲げてください、16lbとか太めのラインを使っている時にスナップが開いちゃうんで、ペンチで曲げてそれを防いでいきましょう。

次はスピニングで使うような小型ルアーにおすすめなのが、ウォーターランドのスナップで#0番がピッタリです。

こっちはそのまま使ってもらってOKです。

スナップの結び方

スナップへのラインの結び方は動画でチェックしてみてください。

漁師結びより簡単で強いのでおすすめです。

スナップの結び方。漁師結びより簡単で最強ノット【ゆっくり解説】