ネコリグ(ワッキーリグ)の使い方まとめ

ネコリグ(別名ワッキーリグ)の動かしを初心者さん向けにお話します。ネイルシンカー、フック選びの目安。フックの刺し方、ワームの選び方、実際の動かし方をお話していきます。

ネコリグ(ワッキーリグ)の動かし方(セッティング、フックの刺し方)

ネコリグとは

ネコリグはストレートワームの頭にシンカーを入れて、フックを真ん中に刺して使うリグです。

村上晴彦さんが「根こそぎに釣る」って事から「ネコリグ」って付けられたほど、そこにいる魚に口を使わせちゃうリグです。

ネイルシンカー、フック選びの目安

ネイルシンカーとフック選びはワームサイズによってかわるんですが、

3〜4インチなら0.4g〜0.9g フックは#1前後。4〜5インチなら0.9g〜 フックは#2/0前後っていう感じです。

深い場所を攻めたい、スピーディーに探りたいって時には重く、その逆なら軽くって感じでOKです。

フックの刺し方

フックはリューギのタリズマンというマスバリが、柔らかいブラシガードが付いていて、根掛りしずらくもバスが釣れたら掛かるという絶妙なバランスでおすすめです。

フックを横に刺すとくねくねとアクションさせやすく、縦に指すと動かす面が増えるので水押しやすくなります。

個人的には熱圧縮チューブを付けてから、縦に刺すのがおすすめです。

ワームの選び方(ハリがある系、くねくね系)

ネコリグのワームはまっすぐのストレートワームを使うんですが、その中でも「ハリがある系」と「くねくね系」とあって

ざっくりですが、ハリがあるものは水押しが強くて波動によるアピールをしやすくて、くねくね系はくねくねして視覚によって口を使わせるっていう、感じでイメージしてもらえば良いかなと思います。

動かし方のイメージ

動かし方のイメージは、ハリがある系とくねくね系それぞれでおすすめがあって、

ハリがあるやつはトン、トン、という感じで水押をしていく感じで、バスに今から何かが来る!って思わせてから口を使わせる感じです。

くねくね系は、シェイクしながらくねくねさせて、バスがたまらず口を使わせるっていう感じです。

実際のネコリグの動かし方

実際のネコリグの動かし方は動画を見てもらう方がわかりやすいと思います。

ネコリグ(ワッキーリグ)の動かし方(セッティング、フックの刺し方)

まとめ