18アンタレスDCMDを2年ガッツリ使ってのインプレッションとデメリット

・スペック説明
ギア比:7.8のみ
ドラグ:6kg
自重:235g
スプール経:38mm
糸巻き量
ナイロン:16lb120m、20lb100m
PE:3号130m、4号100m、5号80m
最大巻上げ量:93cm
ハンドルの長さ:90mm(45mm)

マイクロモジュールギアを採用されていて、これはシルキーな巻心地と思われがちなんですが、手先が敏感な人はハンドルに集中するとギアが噛み合う感じが伝わって来ると思います、普通に釣りをしている時は気持ちよく巻く事ができます。これはギアの強度UPに一役かっているのかなと思っています。

・DCブレーキ調整について
アンタレスDCMD専用でXBモードというものがあります。
これはシマノの表を借りて説明しますね、1が弱くて、8が最大という感じになっています。

1はメタルジグなど重くて空気抵抗がほぼ無いルアー用
2はバイブレーションなど空気抵抗が少ないルアー用(追い風)
3はバイブレーションで少し風がある時などに使います
4はクランクベイトなど少し空気抵抗があるルアーで使います
4と5で大きく差があります
5は大型クランクベイトやスイムベイト、重心移動が無くて空気抵抗が大きめのものって感じですね
6はビッグベイトで比較的空気抵抗が少ないミノー、ギル系です
7はS字系ビッグベイトで空気抵抗が大きいものです
8空気抵抗が大きいクローラーベイトやアラバマリグって感じです

そして4と5の間は、ライン専用モードがあって、Fはフロロ、Nはナイロン、PはPEって感じになってます。

自分がよく使うルアーに合わせてベストなセッティングを見つける事で、バックラッシュせず気持ちよく飛距離を出す事ができるようになります。

バーサタイルな釣り
・投げやすいルアー重量(10g〜30g)
・MHかHが使いやすいので、よく投げる重さや好み
・10g切るルアーは重心移動があれば使える範囲ならキャストできるけど、空気抵抗が大きかったら厳しいなという感じですね。

軽いルアーは投げられるのか?
・ポイズンアドレナ172MH、ナイロン16lbで試してみたんですが、
・ライン専用モードで投げるのがおすすめです、XBモードはブレーキが掛かり過ぎちゃいます
・ポップX7gはブレーキ2で十分使える距離でます
・Dビルシャッド5.8gあたりからブレーキを強める必要ありで3、悪くはない距離
・ライブエックス3.5gはブレーキ3でまあ飛ぶけど、投げられない事は無いって感じで、あんまり推奨できない

ビッグベイトの釣り
・ビッグベイトは最大は3ozくらいまで、それ以上重たくなるとスプール経が大きいリールの方が気持ちよく飛んでいくという感じでした。4ozまでは
・合わせやすいロッドはHかHX
・DCブレーキのビッグベイトモードを使えば、回転させずにキャストができます。その時には普通のルアーのように投げるんじゃなくて、遠心力を使って投げる事で、より回転しずらくなります。
・遠投させようとするとどうしても回っちゃう時があるんですが、短い距離ならほぼ回転させずにキャストする事ができます。
・XGギアのおかげで早巻きや、リーリングジャークがやりやすいです

遠投について(ヘビキャロ)
・ヘビキャロの場合のシンカーの重さはロッドに合わせて、最大12号〜8号くらいが良さそうです
・フロロライン16lbで12号(約45g)へビキャロで8フィートロッドで平均80mという感じです。80mと60m付近にブレーキの壁があるっぽくて、その付近に強くブレーキが効く場所があって、平均飛距離はその辺りに落ち着くと思われます。
・ある程度のチカラを入れて投げるか、しっかりと竿をしならせて反発で飛ばすか、速度を上げた状態でキャストする必要があります。それで100m狙えるって感じです。
・バイブレーションなら平均60mくらいでしょう

XGギアのメリット、デメリット
・ハンドルは長めに設計されているので、ハンドルを巻く時の重たさは感じません
・ディープクランクとか巻き抵抗が大きいものは疲れるけど、シャロークランクとかバイブレーションは普通に使える

・高速巻がやりやすい、ビッグベイトなどでも
・スピナーベイトや、クランクベイトなどの振動が手元に伝わってくるので、水中をイメージしながら釣りができる
・回収スピードが早いので、打物などテンポが良い釣りに使いやすい、打つ時はある程度の重さがある方が良いですね

ハンドルカスタムは必要?
XGギアで標準ハンドルが90mmと少し長めにされているので、標準ハンドルでも全然普通に使えるのでOKです。

なのですが、バイブレーション等の早巻き、巻き抵抗が思いたいディープクランクや、リップ付きビッグベイトの早巻きなど、を使いたい人は、ロングハンドルで太いハンドルノブを選ぶのが良いかなと思います。

逆に抵抗が少ないビッグベイトや、高速巻きをする時には標準ハンドルもしくは、同じくらいの長さで太いハンドルノブを使うのが、高速巻きがやりやすいのでおすすめです。

使い込んで気づいたデメリット
・ボディーの塗装浮き、傷がついたらそこから剥がれるから、フックキーパー使用がおすすめ
・精密に作られている分、使い込む事で異音等が気になるようになる、
・これは個体差という話しや、異音が気になる性格かどうかも関係してくる

どんな人におすすめ?
・バーサタイル性が高いリールが欲しい
・ルアーもワームもビッグベイトも1つのリールで投げたい
・遠投する釣りが好きだ!100m飛ばしたい!
・高速巻きをやりたい!
・ビッグベイトを気持ちよく投げたい
・バックラッシュを減らしたい
・海でも使えるリールが欲しい

と結構万能に使えるリールだと思うので、幅広い人に対してかなりおすすめです。

という事でアンタレスDCMDのインプレッションでした、よかったらいいねボタンとチャンネル登録よろしくおねがいします。