水中映像でスコーンリグ最強のセッティングを見つけました!

スコーンリグのジグヘッドを選ぶポイント

巻きスピード
ゆっくり巻けるとバスにじっくり見せたり、シャローを引く事ができて、早巻きになるとリアクションで食わせたり、少し深い場所をスイミングさせやすくなります。

得意な層
表層、中層どっちが得意なのかです。検証は約1/4オンスでやったので、重くする事で層を下に下げる事ができるようになります。

トレーラーワームへの影響力
トレーラーの動きを邪魔するのか?活かしやすいのか?

動画で確認

シャッドテールワームはすべてスイングインパクトファットの5.8インチで統一しています。

DRTシャトル

重さ:3/8オンス(約10g)
巻きスピード:デッドスロー
得意な層:表層
トレーラー:ロール系のワームとの相性☓

おかっぱり用として作られたデッドスロー用のヘッドで、頭が大きいおかげで根掛り回避もしやすくなっていて、1/4より3/8が水を受けやすい為かゆっくり巻きやすい。旧モデルは素材が錫で掛けやすかったが、耐久面は新しいシャトルで改善されたみたい。ロール系ワームを使うと水を掴みづらい為か、デッドスローで巻けなくなる。

ハイパーフットボールジグ

重さ:1/4oz(約7g)
巻きスピード:スロー
得意な層:中層
トレーラー:トレーラーワームを活かす事ができる

ラインアイが上に付いているので、ライン角度がつくくらいの中層を一定巻きしやすい。狙う層によってロッドを立てたり、重くしたりで調整すると楽になりそう。ヘッドがフットボール型でトレーラーワームの動きを活かしてくれる。デッドスローよりもスロー巻きくらいで使う方が良さそう。

PDチョッパーデッドスロー

重さ:(約9g)
巻きスピード:デッドスロー
得意な層:表層
トレーラー:動きが強いものとの相性が良さそう

頭の素材に樹脂が入っている為か重さはそのまま大きくなっていて、水を受けやすくデッドスローで引きやすくなっているのと、左右に飛び出ているおかげか根掛りしずらい。ロール系のワームとの相性はあまり良くない感じ。秦さんが作ったのでアンモナイトシャッドとの相性が抜群に良い。

マキラバ

重さ:14g
巻きスピード:スロー?
得意な層:中層
トレーラー:多少動きを抑える

持っているもので試したので14gと他のの2倍ほど重かったんですが、ブレードのおかげでゆっくり巻きやすかったです、7gがあると初心者さんでもブルブルを感じて集中力が持つかも。ブレードのおかげでアピール力も上がっているので、日中に使うと良さそう。

現在マキラバが売ってないようなので、ザップのツインブレード等を他のジグヘッドに追加する事で、ゆっくり巻きやすく、アピール力も上げられるので良さそう。

シャッドテールワームの選ぶポイント

アピール度
テールの振りが大きいとアピール力が高く、振りが小さいとアピール力が弱まるが、クリアな場所でナチュラルに誘ってくれる。

巻きスピード
同じ条件でどれくらいの巻スピードが使いやすいのかチェックしました。
ハンドルに抵抗が掛かり動き出す最低限のスピードです。

針持ち
スコーンリグでキャストを繰り返していると、ワームがズレてしまう場合が多いので、針持ちも快適に釣りをする時には大切なポイントかなと思います。

シャッドテールワームを動画で確認

ジグヘッドはシャトルの3/8オンスで統一していて、巻きスピードが早い順番に紹介していきます。

バンブルシャッド

動き:テールのみ、全体ウォブル(巻きスピードで変化)
巻きスピード:ゆっくり〜早巻き
針持ち:△

ゆっくり巻きではテールのみで、早めるとボディー全体でくねくね動くが、巻きスピードと、ジグヘッド形状によってはこの動きが出づらくなるので注意。デッドスローでは動かなくなるので、ゆっくり巻き以上で使う事になりそう。くねくね動かすとアピール力と食わせ力が高そう。

ハートテール

動き:テール(大きめ)
巻きスピード:ゆっくり
針持ち:△

テールが水を受け流し小刻みに動きアピールしてくれる、今回3/8オンスを使ったがもっと軽いものでも動くバランスの良さがポイント、スコーンジグじゃなくてノーシンカーで使った方が、デッドスローで巻く事ができるし、根掛りしないし、ハートテイルの良さを引き出す事ができると思った。

スタッガー6

動き:テールとボディーロール
巻きスピード:ゆっくり
針持ち:△

テールをしっかり振りつつ、ボディーをロールさせて泳ぐので、ロールを邪魔しないようなジグヘッド選びが大切になりそう。アピール力は今回の中では控えめな方なので、クリアな場所で使ったりするのに向いてそう。

ワンナップシャッド6インチ

動き:テール(小刻み)
巻きスピード:ゆっくり
針持ち:☓

テールを小刻みに動かし、そのままボディー全体がウォブルしやすくなっている。ぷるぷるとした素材で塩が少なめだからかボリュームがあるのに、ゆっくりと巻きやすかった。アピール力は低めだが食わせ力が高そう。

スイングインパクトファット5.8
動き:テール(大きくヘッドまで動かす)
巻きスピード:デッドスロー
針持ち:○

テールがしっかりと水を噛み試した中で一番アピール力が高く、ヘッドまで揺らすので、濁った時や暗い時に使うと良さそう。ジグヘッドを軽くすればさらにゆっくり巻くこともできそう。針持ちが良く、購入しやすいのが嬉しいポイント。

スタッガー6.7ノンソルト

動き:テールとボディーロール
巻きスピード:超デッドスロー
針持ち:☓

ノンソルトで作られているので、今回試した中で一番デッドスローで巻く事ができました。テールがテロンテロンと大きく動き、そのまま頭まで揺らすので、ジグヘッド選びが大切になる。クリア系カラーが多いのでナチュラルに誘いたい時に良さそう。針持ちが悪いのでトレーラーキーパーを付けた方が良い。

初心者おすすめのスコーンリグセッティング

スタッガー6.7+ハイパーフットボールジグ

ノンソルトスタッがーでゆっくりと巻けて、その動きを殺さないハイパーフットボールジグのセットです。ウイードすり抜け系ジグヘッドでも良さそう。

シャトルなど平たい系ジグヘッドを使うと他のセッティングに出ない動きになるので、そういう意味ではアリかも。

主にクリアな場所や、ゆっくり巻きたい冬や、ボリュームを出したい時に使う事になると思います。

シャトル3/8(PDチョッパー)+ワンナップシャッド6

ナチュラルでゆっくりと誘えるセッティングです、ヘッドが大きく根掛り回避しやすいので、そういう場所で使っていきます。

シャトル3/8(PDチョッパー)+スイングインパクト5.8(アンモナイトシャッド)

シャトルとPDチョッパーがどっちもデッドスロー性能が高く、ワームはアピール力が高いスイングインパクトとアンモナイトシャッドですね。

結構似てる組み合わせなので、好きにセットしてもらっていいかなと思います。

これは、ゆっくり巻けてアピール力が高いので濁っている時や夜用として使うと良さそうです。