ダブルクリンチノットの「最後通す版」と「通さない村田基式」どっちが結束強度が強いのか比較してみました。

ダブルクリンチノットの最後通すか、通さないか問題ってありますよね。

元々のダブルクリンチノットは、最後輪っかに通してから締め込むんですが、

それを通さない方が、結束強度が安定して、強いと、村田基さんが言われていて、ぼくもずーっとそのノットをメインで使っているんですが、

通すのと通さないとでは、結束強度がどれくらい違うのか?

ラインは、フロロとナイロンどっちでも同じ結果になるのか?

と気になったので、今回実際に試していきたいと思います。

ダブルクリンチノットの「最後通す版」と「通さない村田基式」どっちが結束強度が強いのか比較してみました。







検証など
エナジー福田をフォローする
エナジー福田のバス釣りブログ