ワークマン「ヒーターベスト」を冬の釣り用に買ってみた

去年の冬はワークマンの防寒着でどうにか過ごしたんですが、やっぱりまだ寒いなって思う時もあってカイロを使ったりする事もあったんですよね、

今年は快適に冬に釣りをする為に、ワークマンのヒーターベストをゲットしました!

ワークマン「ヒーターベスト」を冬の釣り用に買ってみた(防寒)

【オンラインショップで見る】
ヒーターベスト⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35QA17+4DS97E+3K3Y+BW0YB&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fworkman.jp%2Fshop%2Fg%2Fg2300036933166%2F
ヒーターベスト(デニム)⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35QA17+4DS97E+3K3Y+BW0YB&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fworkman.jp%2Fshop%2Fg%2Fg2300036934026%2F
バッテリー⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35QA17+4DS97E+3K3Y+BW0YB&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fworkman.jp%2Fshop%2Fg%2Fg2300035810024%2F

ヒーターベストはバッテリーが別売り

これヒーターベスト単品じゃ使えなくて別売りしているバッテリーが必要ので両方持ってないので購入うして、

ヒーターベストが3900円で、バッテリーが4900円、合計で8800円です。ヒーターベストセット色々売ってる所あるんですが、やっぱりワークマンって感じで安かったです。激安のやつもあったりするんですが・・・不安ですよね。

ヒーターベストもバッテリーも電化製品って事で保証書が付いているので、購入時のレシートは保管しておくようにしてください、1年以内なら保証してくれるようです。

結構人気の商品で冬には入手が難しいんですが、この動画を出している時では店舗と、あとオンラインでも購入できるので、下の概要欄にリンク貼っておくのでチェックしてみてください。オンラインで注文して店頭購入が送料無料なのでおすすめです。

ヒーターベストのスペック

  • 最大50度まで暖かくなる
  • 防風なのでアウトドアにピッタリ
  • 中の綿はポリエステルで軽いLサイズで約500g
  • 撥水加工がされているので急な雨も安心(防水じゃないので注意)

2種類のバッテリーどっちがいい?

ヒーターベストには2種類のバッテリーの事が記載されているんですが、ヒーターベスト用のバッテリーはバッテリー容量が少ない方です、これで1日十分暖かさを維持できて、コンパクトに収納しやすいみたいです。

もう一個の大容量のバッテリーは、夏の空調服用のバッテリーで容量は大きいんですが、ヒーターベストに装着するとでかくてちょっと邪魔に感じるって、ワークマンの店員さんが実際に使ってそうだったと言われていました。

容量だけで考えると空調服用がいいんですが、動きやすさを考えるならヒーターベスト用のこのバッテリーがベストだなと思ってこちらを購入しました。カラーは赤と黒とあるようです、どっちでもいいんで黒にしましたw

実際に着て暖かさチェック

で、実際にセットしてみましょう。

押してすぐ暖かくなるのすごいですね、暖かくなる部分は首の下と腰辺りなので、ここを温めてもらえると全身に血液が巡って、全身暖かくなりそうな気がします。

今50度をやったんですが、ヒーター自体が50度なので実際はもうちょっと低めで、さっき窓開けて室温を下げて22度で使ったんですが、(例える)くらいな感じでした。

真冬の外で使うとまた体感変わると思うんで、その時に試してみます。

温度は3タイプあって、最大50度、45度、40度です。

で、バッテリーの維持時間が50度は○分、45度は○分、40度は○分のようです。

冬場で釣りする時に1日釣りする人なら40度で、短時間なら全然50度で使えそうですね。

洗濯方法

釣りで使うと汚れる事もあると思うんですが、選択方法は手洗いでもみ洗いはNGで押し洗のみみたいです、中の綿がずれてごちゃごちゃなるからっぽいですね。

で、もみ洗いした後は形を整えて干していって、完璧に乾いてから使うって感じですね、乾いてないとめっちゃ危ないことなるので。

ワークマン「ヒーターベスト」を冬の釣り用に買ってみた(防寒)