ネコソギDSRとタイニークラッシュどっちが釣れるの?デッドスローVSヨタ巻き編【冬の琵琶湖バス釣り】

琵琶湖の冬によく使われる「ビッグベイトのデッドスロー巻き」というのがあるんですよね、ぼくがライブ中にやってる超ゆっくり巻くヤツ釣り方ですね。

その超ゆっくり巻きする時に有名なのが「ネコソギDSR(デッドスローリトリーブ)」っていう、その超ゆっくり巻きに特化したチューンをされているモデルですね。

で、それに対抗してDRTのタイニークラッシュですね、リップ、テールを色々なタイプの物に交換可能で、テールを「Vテール」ってやつにして、リップは標準より短い「ショートトリップ」に変更して使うみたいです。こっちはヨタ巻きって言われてます、

今回持って無かったんで標準リップを使ってみました。

ネコソギDSRって定番なんだけど、タイニークラッシュを使う事で、動きが違うっぽいんでまた違うタイプのバスが釣れるんじゃないかなって思って、前回のライブ中に試してみました。

最近ライブって夜にやってて観ながらチェックできないんで、別日の昼間にチェックしておきました。

そして、動きとか泳ぐ層がどんな感じなのか、ルアーの性能ですね、あとは実際に使ってみての感想って流れで話していきます。

【ルアー性能の比較】
まずルアー性能面ですね、ネコソギDSRは0.9gシンカーを付けた状態で、タイニークラッシュは標準リップとVテールに0.9gを付けた状態での比較って感じです。

で、タックルは20ゾディアスのMH、リールはバスライズ(HG)に、ナイロン25lbで使った感想です。

・動き方 くねくね、 ロール
・泳ぐ層 1mくらい、 10〜20cmくらい
・巻くスピード デッドスロー、ゆっくり巻き
・シンカー 1.5gくらいで沈む、2gくらいで沈む(水温によって違う)

まず一番の違いは泳ぎ方と泳ぐ層ですね、ここが全然違うんで別物ルアーって感じでした。比較出来ないって感じです。

シャロークランクと、ディープクランク的な感じの違いですね。

でも、タイニークラッシュってリップ交換できるんで、大きいリップを使う事でネコソギDSRくらい潜らせて使う事もできるんじゃないかなって思いました。いつかリップ入手したらやってみるかもです。

あと、標準リップで同じ層を引く為にシンカーを増やそうかとも思ったんですが、そうするとシンキングにするしかなくなって、潜らせるとリップが短いんで根がかりの可能性が出てきちゃうんで、ボトムを知り尽くしてる場所じゃないと無理だなって思いました。

【それぞれの得意な使い方】
で、それぞれが得意な使い方っていうのを考えてみました。

ネコソギDSRは少し頭を下げて潜っていき、大きなリップのおかげか超ゆっくり巻いてもアクションしてくれてました、ボディーは薄っすら動きテールがピクピクしてるって感じですね、
だいたい1m前後を超ゆっくり巻きで使いやすいのかなと思います。これはウエイト0.9g〜1.2gくらいの時で、

それ以上重たくしてシンキングにすると、ボトムを叩きつつ巻けて釣れるとは思うんですが、場所によっては根がかりの危険性高まるんであんまおすすめできません。

タイニークラッシュは標準リップを使ったんですが、推奨されているショートトリップを使うと10〜20cmくらいを、ロールしながら泳いで来るんですよね、でそのロールの力が繊細なVテールに伝わりピクピクしてるって感じです。

得意なのはシャローというか、岸沿いを通して来る事かなと思いました。リップによって潜る層が変えられるんで、釣り場に合わせて調整してあげれば根がかりも減るかなと思います。

水中のバスからの目線で考えると、ジグヘッドスイミングに似てるのかなと思いました、本体はあまり動かず、テールがピクピクしてる感じなので、ジグヘッドスイミングって集中してないとダメで面倒くさいんですが、ビッグベイトでできるんならフックもいっぱいついてるし、ちゃんとキャッチできそうだなと思いました。

【どっちが釣れるのか?】
で、気になるのはどっちが釣れるか?って所なんですが、そもそもの使うシーンが違うんでそういう比較や検証ができないんですが、

色々考えてみたんですが、

「どっちが釣れるの?」って聞かれる人って、「タイニークラッシュのデッドスローでめっちゃ釣れるなら買おうかな」とか「持ってるけど、釣れるなら使ってみようかな」って感じかなーと思うし、そういう人の方が多いと思うんですよね、

そういう人って初心者さんが多いと思うので、「どっちが釣れるの」って聞かれたら、ネコソギDSRってぼくは答えます。

ネコソギDSRの方が、本体価格は1000円くらい高いんですが、根がかり率は少ない、根がかりしてもまたすぐ釣具屋に行けば買える安心感、チューニングも箱開けてシンカー付けるだけでOKで、結構簡単に使えるんですよね。

逆にタイニークラッシュは、いい所でもあるんですが、チューニングの幅がありすぎて何をしたらいいの?ってなっちゃうと思うし、根がかりしてしまったらすぐ購入って訳にはいかないし、リップやテール自体も中々購入できないんで、ちょっとリスクが高いかなという気がしました。

それを考えると攻めたい場所も攻められないし、どっちかというと気軽に攻められるし、初心者さんがあまり深く考えずに投げて巻くだけで釣れちゃう、ネコソギDSRの方が、結果的には釣果が出てくるんじゃないかなと思います。

まあネコソギも6000円くらいするんで根がかりしたら、ダメージでかいんで、根がかり回収機も一緒に購入しておいてください。回収機2000円くらいで1回取れたら元取れるんでぜひぜひ。