MASNLA防寒ジャケットとシェラフが4℃でも余裕で暖かい【真冬のバス釣り】

冬の釣り用にダウンを着てるんですが、これだとモコモコでちょっと釣りがしづらくて、調べてたら「エアロゲル」というNASAで使われてる断熱材が、1~2mmなのにダウンくらい温かいらしくずっと気になっていたのですが、、、

今回MASNLA(マスナラ)さんより、防寒ジャケットとシェラフを提供していただきました!

この商品はMakuakeという、クラウドファンディングサイトで12月下旬から、プロジェクトが実施されるので、固定コメントにリンク貼っておきますので、気になる人はチェックしてみてください。

まずエアロゲルって素材が一番キーになるので、エアロゲルについてお話します。

NASAで火星とか行くんですが、気温がー50度になるんですって、そんな寒い場所でも快適に生活できるように開発された素材なんです。

しかも、その時テストされたのは2〜3cmという薄いエアロゲルで、この薄さが色々と可能性があるようで

熱伝導率が非常に小さくて、わかりやすいのが、ゲルを敷いて上に氷を乗せて、下からライターで炙っても氷が溶けないって、実験されたりしてて、

簡単に言えば最新鋭で、薄いのに高性能の断熱素材で、エコなので服だけじゃなく、家とか車とかビニールハウスとか色々と使おうとされてる、注目の素材って感じです。

そんな素材を使って作られたのが、マスナラの防寒ジャケットです。

・エアロゲルを1mm採用されています、薄いように思えるんですが、服では1〜2mmで十分防寒できる分厚さとなります。
・マイナス40度までの環境でも保温効果抜群
・防風、防水、汚れに強い素材なので、アウトドアに良さそう
・超軽量、ストレッチが効く
・デザインがシンプル(ここ大切)

実際に着てみましょう
・暖かさ(これから釣りの時に着て試していこうと思います)
・動きやすさ
・着心地(身長、体重、Lサイズ)

・インナー着た方が良い?

次にシェラフも素材は同じなのかな、
・暖かさ
・サイズ感

これは釣り場に早く付いて仮眠取る時とかに使おうかなと思います、エンジンかけっぱなしは勿体ないし、空気乾燥したらドライアイが悪化するんで、あんまやりたくないんですよね。