ライン(釣り糸)の結び方(ノット)まとめ

ここではライン(釣り糸)の結び方をまとめています、結び方は文字と写真で説明するより動画で見てもらった方がわかりやすいので、結び方は動画を見てチェックしてください。

ここにある結び方だけで釣りはできるので覚えておいておきましょう。

ルアー、スナップへのラインの結び方

ルアーやスナップへラインの結び方です。

結び目の強度である「結束強度」も大切なんですが、簡単に結べてある程度の強度があれば十分釣りは可能でデカバスが掛かっても結び目が原因で逃した事はありません。

ラインが傷ついた時に簡単に結べる方が、サクッと結び変えて常に良い状態なラインにしておく方が大切なので、簡単で強度が高めの結び方を紹介しています。

ダブルクリンチノット(村田基式)

ダブルクリンチノットは色々な釣りで使われている結び方です。

ダブルクリンチノットも何種類かあるんですが、村田基さんがやっているタイプのダブルクリンチノットの方が結束強度が高く、そして締込みしやすいのでおすすめです。

早い!簡単!強度が強い!ラインの結び方。村田基さん式ダブルクリンチノット

ハングマンズノット(くるくるルアーを回す)

バスプロがよくルアーをくるくると回しながら結んでいるものは、ハングマンズノットとよばれる結び方です。

こちらも簡単で締め込み失敗が起こりづらく、引張れば引っ張るほど強度が高まります。

トリプルフック付きのルアーはくるくると回す時に危ないので、最初はゆっくりと気をつけてやっていくようにしたり、ワームなどでやるのがいいでしょう。

ルアーをくるくる回すノット!ハングマンズノットの結び方

TNノット+ハーフヒッチ

ビッグベイトなどを使う時20lbなどの太いラインを結ぶと思うのですが、太いラインになると上記の結び方だと締め込みが甘く(ゆるい)なるので強度が落ちてしまいます。

20lbを超える時には太いライン用の結び方のTNノットとハーフヒッチという2つの結び方をやる事でほぼ100%の強度となります。

TNノットの結び方。結束強度ほぼ100%で20lb以上の太いラインでおすすめのノット

リール(スプール)へのラインの結び方

リールのスプールへのラインの結び方はめちゃくちゃ遠投をして、巻いたラインをすべて使うくらい投げるならしっかりと結ぶ必要がありますが、そこまで遠投をしないのなら正直どんな結び方でもOKです。

しっかりと結ぶ方法はユニノットと言われる結び方で、そこまで難しい結び方では無いのでこれをやっておくと安心です。

ベイトリールのスプールにラインを結ぶ方法。注意点、ラインを巻く量について

PEラインとリーダーラインの結び方(堀田式FGノット)

PEラインを使う時ルアーに直接結ぶのはあまりおすすめしません、その理由はPEラインは摩擦に弱くルアー付近のラインは障害物に当てたり擦れたりするので、直結していると徐々に擦れていき突然切れてしまうという事になります。

それを防ぐ為に「リーダーライン」というフロロラインをルアー側に50cm〜1mほど作り擦れによるラインが切れるのを防ぐ必要があります。

その時のPEラインとフロロラインを結ぶ方法で一般的なFGノットなんですが、FGノットも色々な結び方があり、その中で一番簡単なのが堀田式FGノットです。

一般的なFGノットを練習していた時に難しくて挫折していて、PEラインはもう使わないようにしようかなと思っていたんですが、この堀田式FGノットを知ってからはPEラインの面倒さがなくなり、釣り場でも1分位で簡単に結べるようになりました。

【初心者向け】簡単堀田式FGノットの結び方!締め込みチェックですっぽ抜け予防

まとめ

ラインの結び方は色々あって最初に選ぶノットを長く使っていくので、できれば最初は簡単で強い結び方を覚えておくのがいいですね。