春のバス釣りおすすめのクランクベイト6選【バス釣り】

スポンサーリンク

どうも!エナジー福田です。今回は春バス釣りにおすすめのクランクベイトを紹介していきます。

色々とあるクランクベイトの中から、おかっぱりから投げやすく、使いやすい潜航深度で、実績が高いルアーを選びました。

他にも、もっと釣れるルアーがあれば教えてもらえると嬉しいです。

では、順番に紹介していきます。

スポンサーリンク

イヴォーク1.2(デプス)

  • 重さ:11.0g
  • 長さ:55mm
  • 潜行深度:1〜1.2m
  • アピール力:★★★★★

ポイント:ボディーを薄くし、内部の空気を多くする事と、スクエアリップにより、障害物に当たってもすぐに戻り、根がかりしづらく、ガンガンと障害物に当てながら使っていく事ができます。

水押が強いので濁った場所に特におすすめです。

高浮力なので早巻きで使う時が多いです。

スポンサーリンク

ワイルドハンチ(エバーグリーン)

  • 重さ:9.6g
  • 長さ:52mm
  • 潜行深度:1.2〜1.6m
  • アピール力:★★★☆☆

ポイント:ラインが太くても、高速巻きでもしっかり泳ぐという、シンプルだけど大切な基本をしっかり作り上げられたルアーです。

長いリップのおかげで障害物回避能力が高く、ごちゃごちゃした所にも通しやすいのは嬉しいポイント。

アピール力は控えめで、どっちかというとシャッド寄りのクランクという感じで、クリアな時などに使うのがおすすめ。

スポンサーリンク

ピーナッツ2 SR(ダイワ)

  • 重さ:8.9g
  • 長さ:50mm
  • 潜行深度:1m
  • アピール力:★★★☆☆

ポイント:初心者さんから上級者になるまで愛用されている、コスパ最強なのに、ちゃんと釣れるクランクです。

泳ぎはブリブリと水押も強く、ラトル入りなのでアピール力が高いです。

他のルアーが高いなと思った人にはこれがおすすめです。

スポンサーリンク

ブリッツ(OSP)

  • 重さ:9g
  • 長さ:53mm
  • 潜行深度:2m
  • アピール力:★★★★★

ポイント:内部の空気室を増やすハニカム構造と、ボディーの外に出たシンカーによって、ハイピッチで動き、ワイドリップが障害物に接触する回数が増え、根がかり回避力が高く

セミフラットボディーになっているので、フラッシング効果が高くなっているので、フラッシングするカラーが迷ったらおすすめです。

潜行深度は2mと潜るので、おかっぱりではゆっくり巻いて1mを狙ったり、ボトムに当てながら巻いていく使い方がおすすめです。

スポンサーリンク

ワーミングクランクショット(ノリーズ)

  • 重さ:6g
  • 長さ:43mm
  • 潜行深度:0.8m
  • アピール力:★★★☆☆

ポイント:めっちゃ小さいんですが、テキサスリグで攻めるようなシャローカバーを攻められるように作られていて、このサイズにしては太めの12ポンド前後のラインでもしっかり泳ぐように設計されています。

軽いカバーはただ巻きで、ごちゃごちゃした所はロッドでズル引きしてきて、障害物に当たったらシェイクしてほぐすという感じで使ってください。

あとは小さいのにアピール力が高いので、プレッシャーが高い所での使用もおすすめです。

スポンサーリンク

オリジナル ウイグルワート(ラパラ)

  • 重さ:12g
  • 長さ:50mm
  • 潜行深度:2〜5.5m
  • アピール力:★★★★★

ポイント:名作で、アメリカの春の定番クランクベイト「ウイグルワート」です

大きいウォブリングで泳いでいる途中に、チドってイレギュラーなアクションが出て、バイトチャンスを自動的に作り出せます。

ラパラが製造するようになり、安定したアクションが出るようになりました。

潜行深度が深めなので、投げてゆっくり巻いて、釣り場に合わせた層を狙っていきましょう。

という事で春におすすめのクランクベイトでした

スポンサーリンク

動画で観る)おすすめのバス釣り用クランクベイト

タイトルとURLをコピーしました