【ワークマン】ヒーターベストのバッテリーは純正よりアンカーの方がおすすめな理由

今回紹介する商品は下の動画説明欄にリンク貼っているので、気になる人はそちらからチェックしてください。

ワークマン 4900円 1500mA 8V(温度強)で約4時間30分
そして専用の端子がついている充電器での充電が必要です

アンカー 2990円 10000mAH 表記が違い厳密に言うと違うんですが、ほぼ同じなので一緒というていで進めていきます

8Vで容量が約6.6倍なので、約30時間は持つという事になり、1日7時間釣りをしたとして、4日に1回充電すればOKという計算になります。

そして充電はマイクロUSBでできるので、他の機材との使い回しが可能になります。

しかし、このバッテリーを直接ヒーターベストに接続することが出来ないので、バッテリーでヒーターベストに使えるようにするケーブルが必要になります。

このケーブルが約600円です。
相互性はしっかり確認されているので、安心して使うことができる製品です。

このバッテリーとケーブル両方を揃えて約3600円になります。

3600円で約4日持つバッテリーと
純正という安心感はあるけど4900円で半日ほどのバッテリー

どっちを使いたいですか?

ぼくは純正を使っていたんですが、専用の充電器を用意する手間と、フルで使うとすぐバッテリーが切れるので、節約して寒いけど弱めて使っていて、

トータル的に純正を使う必要が無いなと思って、バッテリーとケーブルを買って使うようになりました。