エバーグリーン菊元俊文さんが「釣れ過ぎるから」と禁じ手にしていたルアー

今回はエバーグリーンの菊本さんが「釣れすぎる」と禁じ手にされていたルアーと、釣れる理由と、使うシチュエーション、おすすめのセッティングについて紹介していきます。

情報は菊本さんのブログから一部引用させてもらいます。ブログはこちらです、気になる人は見に行ってくださいね。

CCラウンドの思い出。
今週のロケが急遽決まりました。   The Hitのロケです。 ホントはルアマガDVDのロケを入れた…

どれだけ釣れるルアーのか?

ではそのルアーがどんな凄かったのか、というお話からはじめましょう。

1998年頃だと思いますが、JBトップ50がワールドシリーズと呼ばれてた時代の時に、

菊本さんがJBの大会中、人気エリアに入れずノーフィッシュでピンチの時に、直感で選んだ初めてのポイントで、このルアーを使う事でバスが連チャンし、どうにか上位争いに残れたという、そんなルアーです。

釣れすぎるルアーはCCラウンドにビビッドテールの組み合わせ

そのルアーはCCラウンドにビビッドテールの組み合わせです。

この当時のラバージグは、結構ボリュームがあるものが多かったと思うので、CCラウンドは小型のラバージグだったと思います。

で、今でもこのルアーは販売されているようで、菊本さんがよく使われているセッティングは

CCラウンドウイードレスの1/4オンスで、深い場所や飛距離が欲しい時は3/8オンス使われてるみたいです。カラーはブラックにパープルが大好きで、茶色系もたまに使ってて

ビビッドテールはラバーに合わせたカラーを選びましょう。

CCラウンド+ビビッドテールが釣れる理由

菊本さんのブログを更に読みすすめてみたのですが、CCラウンドにビビッドテールの組み合わせが釣れる理由は

  • シルエットがコンパクトになる
  • 早いフォールでく効率よく探れる
  • テンポよく撃てる
  • 真っ直ぐ落ち障害物をタイトに狙える

という事で使う場所は、カバー打ちだったり、縦ストラクチャーなどになるかなと思います。

皆さんも使って見てくださいね!

タイトルとURLをコピーしました