バス釣りおすすめトップウォーターと、タイプ別の特徴と使い方

今回は夏の楽しいトップウォーターの釣りを始めたいけど、種類が色々あって迷っているという人に、トップウォーターを種類別に特徴と使い方、どういう場所で使うのかと、おすすめルアーを紹介していきます。

ポッパー

口が大きく開いてカップ状になっているトップウォーターです。

  • アピール力:★★★☆☆
  • サーチ力:★★☆☆☆
  • 使いやすさ:★★★☆☆

ワンポイント:ロッド操作によって、カップに水を掴んでカポ、カポと音と水しぶきを出して使います。

  • カップが深いと、ガボンっと捕食音に似た音を出し、アピール力が高く
  • カップが浅いと、ピチャピチャしたポップ音を出し、アピール力は低く

軽く引っ張るとカポっと小さい音で、長く引っ張ると大きめな音になりアピール力が上がります。

障害物の近くをネチネチと誘うのに向いていて、2〜3回アクションしてポーズ、というのの繰り返しを基本として、ガボガボと一定間隔でポップさせていく使い方もあります。

ベイトフィッシュが多い場所では、カップが深く捕食音を出すタイプを使ったり、それ以外の場所ではピチャピチャとしたポップ音を使っていったり、虫が多い場所では小型のポッパーを虫パターンとして使う事もできます。

おすすめポッパー

メガバスのポップXは軽いポップ音でプレッシャーが高い場所に向いています。カラーもナチュラルな物を選ぶのがおすすめです。

ポップRは、アメリカの大会でも使われるほどの実績を持ち、ゴボッという捕食音タイプになっています。気づいて欲しい時、ボイルが起こってる時におすすめです。

ベビーポッパーは、ポッパーで釣った事が無い人や、虫パターンとしてオーバーハング(木の下)などに投げて使うのがおすすめです。軽いのでスピニング向きです。

ペンシルベイト

ペンシルベイトは、名前の通り鉛筆のように真っ直ぐなトップウォーターです。

  • アピール力:★★☆☆☆
  • サーチ力:★★★★★
  • 使いやすさ:★★★☆☆

ワンポイント:釣り人側が操作する事で、ドッグウォークアクションが出て、バスを誘うので釣果の差が出やすいルアーです。そう聞くと難しそうに思えるが、自分で操作したルアーで釣れた時の嬉しさは一番ある。

風がなく波だっていない場所で、連続ドッグウォークによって広範囲をサーチしたり、表層でベイトフィッシュが追われている時などにピッタリなルアーです。

扱いやすいのは水面に対して、斜めにお尻下がりのルアーが、ドッグウォークしやすくておすすめ。

おすすめペンシルベイト

ザラスプークは、昔から簡単にドッグウォークできて、釣れる名作ペンシルです。

ラッキークラフトのサミーは、ザラスプークより動かしやすく、釣れるように作られた日本産の名作ペンシルベイトです。サイズも色々とあるのでよくいく釣り場に合わせて選べるのは嬉しい。

ジャイアントドッグエックスは、リアルで釣れそうなだけじゃなく、バイトミスが起こりやすいトップを、フッキングしやすい動きも考えて作られました。

シャワーブローズは、お尻が大きくなっており飛距離が出るし、ヘッドが凹んでいるのでドッグウォーク時に水を叩きアピール力が高いのが特徴です。

スウィッシャー

ルアーの前、後ろどっちかにペラがついた「シングルスイッシャー」、もしくは前後にペラがついたものが「ダブルスイッシャー」になります。

  • アピール力:★★★★★
  • サーチ力:★★★★☆
  • 使いやすさ:★★★★★

ワンポイント:ペラが水を噛みシャラシャラと音を出しながら進むので、深場や離れた場所のバスにもアピールしてくれます。
多少波立った時にも使えるのが特徴です。波が無い時はV字の引き波もできてアピール力が更に高くなります。

基本的にゆっくりただ巻きで動くので、使い勝手が良いトップウォーターです。

前にペラがついているものはドッグウォークさせやすく、ネチネチ誘いやすく。

後ろにペラがついたものは、ジャークするようにジャーッ!ジャーッ!って大きい音を出して誘うのも効果的

ダブルスイッシャーは頭を振らせずらいので、ゆっくり〜早めに巻いたりと、巻きスピードの変化を付けたり、ストップアンドゴーで使っていきます。

おすすめスイッシャー

ベビートーピード(ヘドン)は、アメリカっぽいデザインですが、実績は高く。投げて巻くだけで釣れちゃうスイッシャーです。

ホッツィートッツィー(バルサ50)は、国産名作のダブルスイッシャーです。ペラが最高の動きでアピール力が高く、これも巻くだけでOKです。新品での販売は無いので中古ショップで買う事になるでしょう。

ダイイングフラッター(ヘドン)は、ヘドンのダブルスイッシャーでこちらは古くからある名作ルアーです。さらにアピール力が高く、スイッシャーはこれしか使わないという人も居るほど釣れちゃうルアーです。

ダーター

下顎が突き出たタイプのトップウォーターです。

  • アピール力:★★★☆☆
  • サーチ力:★★★☆☆
  • 使いやすさ:★☆☆☆☆

ワンポイント:使っている人があまり居ないダーターは、使うのが難しい所にあります。

下顎がリップの代わりになるので、首振りアクションさせる事で水中に潜るのですが、ボディーが高浮力になってて、左右に揺れながら上がってくるのが特徴です。

ただ巻きでもゆらゆらと動いてくれるが、こちらも高浮力の為不規則な動きになりがち、使い手によって色々なアクションが出せます。

障害物の近くで使うのが基本。

おすすめダーター

ラッキー13はかなり古くからあるダーターです。使ってて楽しくなるルアーです

ノイジー

ノイズとは雑音の事で、カポカポ、ガシャガシャとうるさいトップウォーターです。

  • アピール力:★★★★★
  • サーチ力:★★★★★
  • 使いやすさ:★★★★★

ワンポイント:ノイジーは大きく3タイプあります。

ジッターバグ系は、金属パーツによってカポカポと音を出しながら動きます

クレイジークローラー系は、左右についた金属パーツので「羽根物」と呼ばれています

ビッグバド系は、高浮力ボディーの水押と、ブレードの接触音でカシャンカシャンと音を出します

基本的には投げて、少し待ってから、動き始めるギリギリのスピードでゆっくり巻くだけでOKです。

障害物の近くや、オーバーハングを狙う時には、クレイジークローラー系がおすすめで、トゥイッチしながら巻く事で、ネチネチと誘う事ができるのと、羽根のおかげで虫っぽいシルエットになっているので釣れやすい。

おすすめノイジールアー

ジッターバグは夜釣りの定番ルアーです。最近はナマズ用として使っている人も多いです・・

元祖羽根物のクレイジークローラーです。ただ巻きでもOK、虫パターンでもOKと、使い勝手が良いノイジーです。

ビッグバドは、広範囲のサーチを主として使います、バスに何に見えているかわからないですが、爆発的な釣果をもたらす時がある、個人的に好きなノイジーです。

アベンタクローラーRSR(イマカツ)は、超デッドスローで巻く事ができるので、バスが気づいて食うまでの間や、障害物の通過スピードが遅いので、しっかり探りたい時におすすめです。

ポンパドール(ジャッカル)も人気の羽根物ですね。サイズも様々あるので釣り場に合わせやすいです。

ダッヂ(レイドジャパン)は、名作の羽根物で釣れるのですが、入手が難しいので見つけたら即買っちゃいましょう。

ライブリー(ウエイクベイト)

リップがついているルアーをライブリーと呼ぶが、主に表層で使うミノーやクランクベイトっぽいものを、最近はウエイクベイトと呼ばれる事が多い。

  • アピール力:★★★★☆
  • サーチ力:★★★★★
  • 使いやすさ:★★★★★

ワンポイント:リップがついているのでただ巻きで使うのが基本ですが、リップのおかげでネチネチと誘う事も可能なので、障害物付近で2〜3回トゥイッチしてポーズ、で誘うというのもアリ。その時にはミノー系の魚っぽいシルエットのものが良い。

アピール力が高く、ベイトフィッシュを狙っているバスがいる場所で使うのが得におすすめ、その場所で元気なバスが釣れるので、移動しながらテンポよく投げていこう

おすすめウエイクベイト

X-80プロップダーター(メガバス)は、ロングセラーのただ巻きでもOK、障害物付近でトゥイッチしてネチネチ誘ってOKの、万能に使えるウエイクベイトです。

バジンクランク(OSP)は、アメリカで名作のワンマイナスを参考に、並木さんが、更に潜らず使いやすく、日本向けにされたルアーです。ただ巻きで表層を巻いてサーチしていくのに向いています。

バズジェット(デプス)は、琵琶湖で開発され大きい音と水押でサーチ力が高く、元気なデカバスがよく釣れます。野池などでも実績が高いです。重めなので飛距離も出るのがおかっぱりで嬉しいです。

フロッグ

中が空洞になってカエルっぽいシルエットのトップウォーターです。

  • アピール力:★★★☆☆
  • サーチ力:★★★☆☆
  • 使いやすさ:★★★☆☆

ワンポイント:ボディーにフックが密着しているので、根がかりしづらいのが大きな特徴です。

その根がかりしずらさを生かして、ウイードがぎっしり生えている場所で、ストップアンドゴーで引いてきて、ウイードの隙間ではトゥイッチしてネチネチ誘うのが基本です。その時に釣れたらウイードに潜られてしまうので、太いラインを使いましょう。

あとは、ゴミ溜まりや、オーバーハングの奥まで根がかりを恐れずに投げたりする事もできます。

おすすめフロッグ

キッカーフロッグ(エバーグリーン)は、バスを狙う為に作られていて、よくあるフロッグより細めのフックで、フッキングしやすくなっているのが特徴です。

バスターク(デプス)は、ポッパータイプでウイードの上でもアピール力が高く、カバーの奥でポッパーのように使えて、使い勝手が良いのが特徴です。

バズベイト

スピナーベイトにペラがついてて、巻いたら浮き上がるトップウォーターです。

  • アピール力:★★★★★
  • サーチ力:★★★★★
  • 使いやすさ:★★★★★

ワンポイント:フックが1本だけなので、ウイードやゴミが多い場所でも引っかからずに巻いてこれるのが特徴。だが、フッキング力も悪いでゴミが少ない場所ではトレーラーフックを付けるのをおすすめします。

基本的には、動き始めるギリギリのスピードでゆっくりと巻いていき、広範囲をサーチしていきます。

引っかからないような場所では、スイッシャーなどの方がフッキング力が高くなるので、バズベイト以外がおすすめ。

おすすめバズベイト

ゲーリージャンボバズは、名作バズベイトで音が良い事と、全体のバランスが良く釣れます。デメリットは少し軽い事です。