晩冬〜早春のおかっぱりバス釣りで釣果を伸ばす為の「気温」について

この時期に気にしている事は
・気温
・大潮
・風の強さ
・最近の釣果
です。

まず気温が一番重要だと思っています。
水温測れたらいいんですけど、水温測るのって釣り場に行かないとわからないし、毎日行くの面倒くさいんで、気温でざっくり判断してます。

冬って寒いんでバスの動きもゆっくりなっているんですが、温かいと産卵の為もあるし、寒い時にうまく捕食出来なかったバスも、捕食しにぼくらが居るシャローに向かってくるので、遭遇率がかなり高くなります。

冷え込んだ日が続くと、ディープでじっと動いていないので、おかっぱりから手が届く範囲のバスの数が少ないんですよね、お布団の中に居る感じですね。

なので温かい日が続いてくると、布団の中から出てぼくらも行動するじゃないですか?あんな感じです。

ディープから餌が多い場所に出かけていくって感じです、その時にシャローに出てくるやつもいるって感じですね。おかっぱりから狙うんでシャローって決めてます。

で、寒い日が続いて暖かくなる日で、昼間に10度超えて、夜もそんな冷え込まないような時なら、ずーっと温かい動きやすいんですが、昼に10度でも夜に2度とかになればシャローとかすぐ冷えるんで、ディープに戻ろうって思ってると思います。もしくはそのシャローの中でも温かい場所とかに潜んでたりかなと。

温かい日が続くなら、最初に1日目の昼〜2日目が一番美味しいと思ってます、暖かくなって動き始めるやつが多いし、デカバスって体力あるんでちょっと早めに動けるんですよね、3日目とかになると次に体力がある中型がやってくるのかなと思っています。

次の要素は大潮なんですが、バスに潮の満ち引き関係無いって言う人いるんですが、生物なんで潮の満ち引きは絶対影響しますし、人間も影響されています。ここ長いんでリクエストあればまた別の動画で詳しく説明しますね。

バスは、大潮だと身体が軽くて動きやすいんですよね、なので温かい日と重なればより良いって感じで考えています。

風の強さも強すぎると場所によっては釣りづらいんで嫌なんですが、風で波が出たら人の気配消せるって事と、濁りで騙しやすいんで、風は無いより合ったほうがやっぱりいいですね。

で最後、最近の釣果なんですが、上記の情報をあわせてシャローを狙っても予想が外れる時があると思います、読み間違えとで別のシャローに上がってきているとかもあるので、SNSで最近の釣果をチェックしてその場所に向かうのが大切ですw

で冷え込むとボトムに戻ったりと一旦リセットされてるっぽいので、そうなるとまた次の釣果情報を探してください。

その釣れてる場所、ルアーの層、タイミング、でその場所がなぜ釣れてるのかチェックしておくと、次に釣れる場所がわかったりするかもですね。