※アフィリエイト広告を利用しています
僕が使って気に入った物、便利だった物を紹介していますが、おかしな点などありましたら「お問い合わせ」に連絡いただけると助かります。

【バス釣り】ハスパターンの基本。サカマタシャッド、スライドスイマー250、スティーズスプーン

この動画では、バス釣りのケタバスパターンについて詳しく説明しています。ケタバスの特徴、生態、ルアーの選び方や操作方法まで、初心者から上級者まで役立つ情報が満載です。

バス釣りハスパターンの基本

私、エナジー福田がバス釣りの初パターン、ハスパターンについて説明します。

ハス(またはケタバス)は日本固有の淡水魚で、特に滋賀県の琵琶湖やその周辺の河川に生息しています。春の産卵期には河川上流や湧き水地へ移動し、石や硬い水草に産卵します。

ハスパターンは、ハスの産卵行動を利用したブラックバス釣りの戦略の一つです。ハスが産卵のために河川上流へ移動すると、ブラックバスも同じ場所へ移動します。

ルアー選びでは、ハスの形状、色、サイズを考慮します。

ハスを模したスイムベイトや、灰色から褐色、腹部は白い色を再現したルアーがおすすめです。サイズはハスの一般的な大きさ、約15から30cmのものを選びます。

最後に、私のおすすめルアーを紹介します。デプスのサカマタシャッド6インチ、S字型ビッグベイト(スライドスイマー250)、表層系ビッグベイト、ビッグスプーンなど、各ルアーの使い方と特性を解説します。

バス釣りハスパターンの基本を動画で詳しく観る

バス釣りハスパターンの基本のまとめ

この動画から、バス釣りのケタバスパターンの基本を押さえることができます。

ハスの生態理解からルアーの選び方、操作方法まで、具体的な知識と実践方法を得られます。

また、私のおすすめルアーとその使い方も紹介しているので、すぐにでも釣りに活用することができます。ハスパターンをマスターして、バス釣りの楽しさを一層味わってください。

タイトルとURLをコピーしました